ウェディングプランナーの30代転職なら

女性憧れのお仕事、ブライダル。新卒者にも第二新卒者にも人気の高い職種です。もちろん、中途採用から転職をお考えの方もいらっしゃることでしょう。

ブライダルに関する仕事には、新郎新婦の予算に合わせて挙式や披露宴の段取りを決める「ウェディングプランナー」、挙式や披露宴の宴会の準備と片づけを行う「バンケットサービス」、挙式・披露宴のファッションをプランニングする「ドレスコーディネーター」、また披露宴の料理をプランニングする「テーブルコーディネーター」など、さまざまなお仕事があります。

特にエステやネイルなどは式の前に来店するお客様に施すことが多く、一生に一度の結婚式をお手伝いすることで、大きなやりがいが感じられます。

ブライダル業界は昔も今も華やかな世界として注目されており、求人も常時豊富に掲載されています。一番人気のウェディングプランナーについては、年齢制限は他の企業に比べて緩いことが特徴で、式を挙げる新郎新婦によっては「ある程度年齢の高い人が良い」という要望もあることから、若い人材に限らず採用されています。

ブライダル業界に転職するためには、転職サイトや転職アドバイザーのサポートを受けながら転職活動を進めていく方法がおすすめです。というのも、ブライダル業界のなかには利益重視の企業や、逆にお客様重視の企業など、それぞれの会社によって方針が異なるためです。

自分自身がブライダル業界に詳しければ問題はありませんが、転職後に「こんなはずじゃなかった」「イメージと違った」ということで再び転職を考える方も少なくないようです。転職アドバイザーを通じて希望先の企業の情報を収集しておけば、少しでもイメージに近い企業に応募することができます。

異業種からブライダル業界へ転職する方の割合は多く、サービス業や接客業を経験された方であれば人と接するスキルやコミュニケーション力は身についているので、それをブライダルの世界に活かすことができます。書類選考や面接時は、今まで培ったスキルや経験をどのようにブライダル業界に活かせるかをアピールすると良いでしょう。

全くサービス業の経験がなく、ブライダル業界に知識もない方の場合、専門学校などのスクールに通うなどしてノウハウを蓄積してから転職活動を行う方法があります。しかしブライダル業界は知識と経験がものを言う側面があり、20代前半の若者より、10年頑張ってきた熟練の30代が欲しいという意見もあります。そのため、遅くても30代前半までには転職活動をスタートさせておきたいところです。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら