WEBデザイナーの30代転職なら

Webデザイナーの30代転職はキャリアアップが最大のテーマとなるでしょう。さらに技術の進歩やニーズの移り変わりが激しい業界だけに、生き残りをかけた転職活動も求められます。年齢を重ねても安定した環境で働くことができるうえに昇給と昇進もしっかりと期待できます。Webデザイナーの転職にはこうした難しいポイントが立ちはだかるのが大きな特徴です。

まず現時点で自分がWebデザイナーとしてどの程度の位置にあるのかを確認しておきましょう。冒頭で挙げたように30代の転職ではキャリアアップを前提にした職場探しが鍵となりますから、自分の現在のキャリア・スキルでそれが可能かどうかをみておく必要があります。とくにこの職業は転職回数が多く、あちこち職場を移っている場合には実務経験があまり参考にならないケースもあるのです。

もし実務経験やスキルがアピール材料として弱いと感じた場合には、新たな資格の取得を検討しましょう。次の転職がその後のキャリアに決定的な影響を及ぼす可能性がありますから、後で悔いを残さないよう万全の環境を築いておきます。実務経験で培ってきたスキルと知識を裏付けてくれるような資格と、新たなスキルを身につけるための資格の両方を視野に入れましょう。代表的な資格では「Webクリエイター能力認定試験」「Webデザイナー検定」「ホームページ制作能力認定試験」などです。これらの名称からも窺えるように、同じWebデザイナー関連の資格でも問われる知識の範囲が微妙に異なってきます。できるだけ広い範囲でWebデザイナーとして活躍できることを証明するためにも取得を目指す資格を慎重に決めていきましょう。

この資格取得はキャリアアップの際にどういった道を選ぶかとも深く関わってきます。理想としてはWebプロデューサーやWebディレクターといったWebの製作現場を束ねる立場が欲しいところでしょう。そのためにも広い知識とスキルが最低限必要になります。マネジメント経験など実務経験と資格をうまく組み合わせることで、これらの役職への転職に近づくことができるはずです。

もうひとつ、根本的な部分となりますが、会社の経営状況や就業環境にもチェックが必要です。この分野は退職金制度や社会保険制度といった基本的なところがまだ十分に整っていない企業も少なくありません。20代までなら職場環境やキャリアを積むことを重視してこうした問題を度外視して職場を選んでもそれほど影響はありませんでしたが、30代となるとそういうわけにはいかなくなります。家庭を持つなど責任が重くなる年代でもあるだけに、求人情報をチェックする際には最初に確認しておきましょう。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら