技術職の30代転職なら

技術職は30代がキャリアにおけるひとつのターニングポイントだとよく言われます。ある程度のキャリアを積んで一人前の技術職として業務を行うことができるようになる一方、将来に対して希望や不安を抱くようになるからです。自分のスキルに自信を持って希望が膨らんだ場合にはより高い収入や評価を得られる職場への転職を考えるようになりますし、一方では「このままこの職場で働き続けていいのだろうか」「もっと自分に相応しい職場があるのではないだろうか」といった将来に対する不安を感じて転職を考えるケースも出てきます。

そのため技術職の転職は、今抱えている不満よりも将来性を重視したうえで新たな職場を探していくことが大事です。単にもっと給料が高いところで働きたい、就業環境が楽なところで働きたい、ではなく、5年後、10年後に自分がその職場でどういった環境で働いているかをイメージしたうえで検討していくことが大事なのです。そうしないと転職に成功してもまた2〜3年後に転職を検討するような状況に陥ってしまいかねません。もともとこの職種は長く定着して働き続けることでキャリアとスキルを身につけていく面があるだけに、基本中の基本として踏まえておきましょう。

現代社会ではますますこういった傾向が強まっています。現代のビジネスシーンでは技術職が淘汰される状況も出てきており、将来性を考慮して職場を探さないと転職先を見つけるのが難しかったり、採用されても職場に居場所を見いだせなかったりといった可能性も出てくるのです。たとえばアウトソーシングの推進があります。製造業をはじめ基本的・単純な技術職なら外注で済ませてしまう企業が増えています。そのため転職の際には自分がその企業にとってどう役立つか、どういったスキルで活躍できるかをアピールできなければなりません。単に実務経験や関連資格だけで評価される時代ではなくなっているのです。

それから技術の目覚しい進歩と価値観の目まぐるしい変化も、現代の技術職の就業環境に大きな影響を及ぼしています。次々と登場する新技術や変化するニーズに適応できる柔軟性や適応力が求められているのです。

こうした点からも30代の技術職への転職では自分の適性やスキル、将来性をできるだけ客観的に把握したうえで自己アピールの方法を考える、そのうえで長く働きキャリアを積み重ねていくことができる職場を探していくという2つの点が欠かせません。難しい面もありますが、逆に言えばこうした対策をうまく行うことでスキルとキャリアにプラスアルファの価値を自分に負荷することもできますから、うまくやっていきましょう。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら