税理士の30代転職なら

税理士の30代転職はその後のキャリアを決定付ける非常に重要な転機となります。大半のケースでは会計事務所や税理士法人といった事務所で働いていた状況から新天地を目指すため、選択がその後のキャリア形成に大きな影響を及ぼすほか、仕事内容にも変化が生じることが多いからです。

とくに現代社会では税理士のニーズが多様化しており、従来の会計事務所、税理士法人以外にさまざまな活躍の場が生まれています。こうした時代のニーズに応えることで新しいキャリアを築いたり、これまで発揮する機会がなかった自分の能力・適性を見いだす機会も得られたりする環境になっています。

税理士資格を取得した年齢にもよりますが、30代にもなるとある程度のキャリアを積んでおり、それを土台に転職活動を行っていく必要があります。単にもっと年収が高いところがいい、就業環境に恵まれた職場がいい、ではなく、今後自分が税理士として何をやっていきたいのかを明確にしたうえで転職先を探していくのが大前提、それだけに税理士の転職市場、動向といったものも事前に詳しく確認、どういった選択肢があるのかを知っておきましょう。

現在税理士の転職先として急増しているのがコンサルティング会社と一般企業です。ビジネスシーンの多様化とグローバル化の影響で税理士がコンサルティング職として注目を集めるようになっているからです。コンサルティング会社では金融コンサルタントとして企業をクライアントとして、税務を中心としてコンサルティング業務を行うことになります。単に税金対策だけでなく資金繰りをはじめとした経営全般に関わる業務に携わるため、税理士のみならずビジネスマンとしてのスキルを高めていける点が魅力です。また業務を通して扱うコンサルティング業務の幅を広げていくチャンスも得られるでしょう。一方一般企業では税務に関する業務がメインとなりますが、海外進出を行っている企業では海外の税務に関わる業務や海外進出に関わるビジネス面の業務にも深く関わる機会があります。

こうしたひと昔前にはなかった税理士の役割にチャレンジする絶好のチャンスが30代となるでしょう。ですから転職活動以前の段階でまず転職先の候補、範囲をしっかりと決めておく必要があるわけです。とくに将来性は重要で、昇進・昇給はもちろん、キャリアを重ねていくにつれてどういった業務に携わるチャンスが得られるのかまでしっかりと見ておきましょう。

税理士はその専門性から転職環境に恵まれた職業です。それだけに恵まれた環境に転職できるかどうかだけでなく、自分の可能性を引き出せる職場に転職できるかどうかも考慮して職探しを行っていきましょう。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら