中小企業診断士の30代転職なら

中小企業診断士の30代転職はこれまでどのような環境で働いてきたかによって状況がかなり異なってきます。まずすでに中小企業診断士の肩書きで働いてきたのか、それとも資格を取得したのを機に転職を目指すのかで大きく異なります。この資格は30代〜40代で取得するケースが多いだけに、後者のケースも多いのです。

それからすでに資格を取得して働いてきた場合には、どういった職場でどのような環境で働いてきたかによっても違いが出てきます。簡単に言えば企業内中小企業診断士として働いてきたのかどうかがポイントです。この資格は働きながら取得し、その肩書きを活かしつつ同じ職場で働き続けるケースが非常に多いのです。ですからこうした中小企業診断士の肩書きを持ちながら基本的にはサラリーマンとして働いてきた人と、この資格の専門職として働いてきた人との間にも転職事情に大きな差が出てくるわけです。

30代転職の場合には2つのケースが考えられるでしょう。まずこの資格を武器にもっと将来性・待遇面の良い職場への転職を目指すケース。つまりあくまで企業内で働くことを前提にこの資格をキャリアアップ、年収アップの手段として活かす方法です。この場合には当然中小企業診断士の資格を活かせ、しかも高く評価してもらえる職場を探していくことが第一の条件です。

この点に関しては自分が資格を利用してどういったことをやりたいのかを考慮しておくことも必要です。中小企業診断士は企業の経営状況の改善や効率化といった業務を行う仕事ですが、単にアドバイスなどコンサルタント系の仕事のみに限定されるわけではありません。たとえば企業と弁護士、司法書士、税理士といった専門家との橋渡しを行ったり、補助金・支援制度を活用するために自治体との連絡役を果たしたりすることなどです。こうした役割を活かせる職場・業種を選んでいくことが重要なのです。

一方中小企業診断士の資格を活かしてより専門的な職業に就きたいと考える方は、経営コンサルティング会社への転職が一番の選択肢でしょう。中小企業のみならず新たに会社を設立する企業、とくにベンチャー企業とも関わる機会が多いのが特徴です。成果を出して評判を高めれば年収アップはもちろん、将来的な独立のチャンスにも恵まれるでしょう。なお、コンサルティング関係の他の資格も併せて取得していくことで、転職先や将来のチャンスが大きく広がります。転職先探しだけでなくキャリアアップも視野に入れたうえで探していくとよいでしょう。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら