販売職の30代転職なら

30代の販売職は一度は転職のことを考えるといいます。このままこの職場で働き続けていいのかどうか…収入面、キャリア形成などへの不安はもちろん、年齢的にもずっと続けていいのか、という疑問がよぎり始めるのがこの時期です。ですから販売職の30代転職では同じ職種で転職先を探すのか、それとも思い切って別の職種への転換を目指して転職先を探すのかという選択肢が出てきます。とくに30代前半は未知の職種へチャレンジできる最後のチャンスとも言える時期だけに転職を検討する人が多くなります。

同じ職種へ転職する場合には業種も同じにするか、それとも異業種にするかという大きな選択が出てきます。この決断に関してはこれまで働いてきた職場にどういった不満や問題点を抱えていたのかを確認しておきましょう。同じ業種への転職は勝手知ったるといった状況で新しい職場になじみやすい一方、待遇面、とりわけノルマや就業時間などがどの企業でも共通していることが多く、せっかく転職を実現しても新たな職場で同じ問題を抱えてしまうだけの可能性もあります。転職の理由が給料面や職場の人間関係、企業の将来性への不安といった面なら同じ業種への転職はよい選択肢となりますが、先述したような待遇面の場合には注意するべきです。

販売業の場合、ノルマの問題も立ちはだかります。それから、成果主義をどの程度導入しているかです。営業職に比べればノルマの問題は大きな悩みになることは少ないですが、業種によっては販売実績がその人の評価やキャリアに大きな影響を及ぼすことになります。業種を変えて転職を目指す場合にはこの点をあらかじめ確認しておきましょう。たとえば携帯ショップの販売員などはノルマを課せられることもあるほか、営業のスキルが求められるケースがあります。これまで培ってきたスキル・知識をできるだけ活かせる業種の販売職から転職先を探していくようにしましょう。

同じ業種への転職を目指す場合には年収アップと環境改善が最大のポイントでしょう。企業の規模や評判もチェックした上でできるだけ給料水準が高いところを探していくのが第一です。自分のキャリアでも採用のチャンスが得られそうな範囲で有名企業・大手企業からの求人をピックアップしていきましょう。

別の職種にチャレンジする場合にはできるだけ販売職で身につけた知識・スキルを活かせる職種の中から選んでいくのが大前提です。販売職のスキルといえばやはりコミュニケーション能力です。営業職や接客が伴うサービス業などが有力な候補となるでしょう。

30代の販売職の転職はこのようにケースバイケースで状況が異なります。自分に合ったシチュエーションで転職先を探していきましょう。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら