公務員の30代転職なら

30代に差し掛かり、そろそろ転職をと考えたとき、これからの長い人生一生企業勤めをするよりも、安定的な公務員へ就職し直そうかという思いも出てくるかもしれません。30代というと公務員の世界では受験資格ギリギリの年齢。転職のハードルが高いと感じられるかもしれませんが、実は地方公務員になるのはさほど難関ではありません。

そもそも、公務員試験のなかで最も人気のある「地方公務員」とは、いわゆる市役所に勤める職員のこと。市町村ごとに採用試験が異なるのが特徴です。

現在、35歳以上でも受験可能な市役所は数十か所にのぼります。特に入りたい市役所がなければ、あえて場所を選ばず一次の筆記試験を通過しやすい自治体に絞って受験するのも一つの方法です。

「民間経験者枠」と呼ばれる採用枠は、現在お勤めの方や20代から30代にかけて一般企業に勤めていた方にもっともおすすめしたい受験方法です。民間のノウハウを獲得するため、一般の企業や法人で勤務した経験を持つ人を対象にした試験のこと。全国的に増えつつある採用枠で、5年の職務経験が必要とされますが、それさえクリアしてしまえば30代でも受験可能な自治体が多くあります。行政法や憲法など難関の試験を受ける必要もなく、筆記試験に対策が練りやすいのもポイントです。

公務員試験の難関と言われる教養試験については、民間経験者枠の中であれば通常の一般枠に比べて平易とされています。過去問も新聞やインターネットから入手しやすく、時事問題など社会人らしい傾向の問題が多いことが特徴です。

また民間経験枠では、今までの経験を公務員としてどのように活かせるかを論述する小論文試験が一つのポイントとなっています。ここをクリアすれば後は晴れて公務員としての再スタートを飾ることができるのです。

多くの自治体で年齢制限に引っかかりやすい35歳以上の方でも、人材獲得のために建築・土木系や機械・電気系、IT・通信系などの技術職については採用可能とされています。倍率も専門的分野のため低く、過去にこうした技術職分野で業務経験がある方なら、まだ採用のチャンスが残されています。

いずれにしても、地方上級や国家公務員などレベルの高い場所を選ばなければ、公務員という職種は30代以上の人にも大きく開かれています。公務員試験というと筆記対策が最重要に感じますが、まずはどこに入りたいか、どこなら入れるかをしっかりと情報収集し、そのうえで自分自身の希望と照らし合わせ、転職活動を始めてみてはいかがでしょうか。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら