整備士の30代転職なら

整備士が30代で転職する場合にはこれまでのキャリアをどう活かすかが第一のテーマとなります。これまで働いてきた環境によってどんな分野の整備を扱ってきたかが違ってきますし、キャリアの課程でどんなスキル・知識を身につけてきたかも異なってきます。転職活動の際には自分のスキル・知識を高く評価してもらえるかどうかが鍵となるわけです。

ただそれだけでは不十分、プラス将来自分がどのようなスキル・知識を身につけ、どういったキャリアを身につけていきたいのかもできるだけはっきりとさせておくことが大事です。キャリアを継続することを最優先にして将来的には現場の責任者といったキャリアを目指すのか、これまで経験したことがない分野にチャレンジしてスキル・知識の幅を広げていくのか。整備士の30代はこうしたキャリアの分岐点に来ているのです。

キャリアの継続を優先する場合にはこれまで働いてきた職場と同じ分野・業種の中から転職先を選んでいくことになるでしょう。たとえば自動車メーカーのディーラーでは基本的にそのメーカーの車の整備を専門に行う形になりますから、その分野のスペシャリストとして経験を積んでいくことを重視するわけです。

逆に新しい分野へチャレンジしたい場合には、整備工場や中古車を扱うショップなどが有力な選択肢となります。これまでひとつのメーカーの整備のみを担当してきた場合には、さまざまなメーカーを扱うよい機会を得ることができるでしょう。同じようなケースでは運送会社、バス会社、建設機器メーカーなど車両や大規模な機械を扱う企業でも整備士が在籍して活躍しています。30代はこれまでのキャリアを活かしつつ新しい分野にチャレンジできる理想的な時期ですから、新たな自分の可能性と適性を求めて別分野への転職を目指してみるのもひとつの選択肢です。

もうひとつ、現場一筋でずっとやっていくのか、あるいは将来的には現場から離れた職種につく気があるのかの選択も30代の転職のポイントです。整備工場やカーショップの現場責任者など現場に留まったままキャリアアップを続けていく業種と、自動車ディーラーのようにキャリアのある段階で現場から離れてフロント業務に異動するキャリアの選択肢がある業種があります。30代半ば過ぎで転職を検討する際には、こうした先々のキャリアと就業環境も考慮に入れた上で転職先探しを行っていく必要があるでしょう。

専門的な技術力を活かしつつ将来を見据えたキャリアアップも目指す。30代の整備士の転職はその後のキャリアを決める重要な選択となるでしょう。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら