ネイリストの30代転職なら

ネイリストが30代で転職する場合には、これまでどのような職場でどういったキャリアを積んできたのか、そしてこれから転職を機にネイリストとして何をしていきたいのかをまず明確にしておく必要があります。もともと将来性や安定性に不安がある職種ですから、30代にもなると単に採用されやすいかどうか、自分が希望する職場への転職のチャンスがあるかどうかだけでなく、将来性も考慮して選んでいく必要があります。

この仕事はイメージの面からもできるだけ若い世代の方が歓迎される傾向が見られます。世間一般では30代はまだまだ若い世代に入りますが、ネイリストの業界ではベテラン、とまでは行かないまでも相応のキャリアを備えた人材として扱われることがほとんどです。そもそもネイルを楽しむ女性の世代が若いというのもあり、30代に入ると転職の選択肢が限られてくるケースも出てくるのです。10代、20代の女性にとっては30代以降のネイリストよりも同世代か少し上程度の世代の方が接しやすいと感じるもので、ネイルは時代のニーズや世代ごとの感性の違いなども関わってくるため、あまりメインの顧客層と世代が離れたネイリストは需要がなくなってしまうのです。他の業種ではキャリアが有利になる部分がネイリストではかえって不利になってしまうこともあるわけです。若い世代をおもな顧客層にしたネイルサロンでは転職が難しくなると考えるべきでしょう。

ですから、年齢が不利にならず、キャリアが評価される分野への転職先を探していくことが大事です。ネイルサロンやエステサロンの場合は比較的年齢層が高い施設からの求人を探していくのが一番の近道です。その際には技術面よりも意識の面でこれまでとは違ったアプローチで仕事を行っていく心構えも必要でしょう。これまで若い世代を対象に仕事をしてきたときのように、時代のニーズを敏感にとらえるよりも、大人の女性のオシャレに相応しいネイルを目指す方向への意識改革です。ある意味これまで培ってきたものを捨てなければならない部分もあるので、正面から自分と向き合った上で判断しましょう。

他の選択肢としてオススメなのがブライダルサロンです。エステサロンでもブライダルコースを用意するところが増加し、求人数も増えている傾向にあります。ブライダル関連の仕事では20代後半〜30代半ばくらいまでが主な顧客層になるケースが多く、30代の経験豊富なネイリストがもっとも歓迎されるからです。

他には求人の数は少ないですがネイルスクールの講師なども選択肢として挙げられるでしょう。今後のキャリアや仕事に対する意識も考慮したうえで職探しを行っていきましょう。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら