美容師の30代転職なら

女性に人気の高い職種といえば、接客業や美容業界などです。なかでも「手に職」系の職種として、美容師は根強い人気があります。

20代のうちは企業で黙々と働いてきたけれど、30代からは憧れの美容師を目指そうと考えている方もいるかもしれません。美容師といえば20代の若者の仕事というイメージがありますが、実際には30代からでも十分可能です。美容専門学校と呼ばれる美容師の育成スクールは30代からの入学も可としているところが多いので、まずはスクール選びから始めてみると良いでしょう。

美容学校では若い生徒との年齢のギャップがあると言われます。しかし近年では20代以上の美容師志望者も多く、自分以外の30代の方にも会える可能性は高いようです。美容学校ではひたすら技術力を磨くトレーニングが中心となるため、体力的に辛いと感じる部分が出てくる可能性はありますが、途中で挫折することがなければ、正規のカリキュラムを卒業し、無事国家試験に臨むことができます。

美容師は一般的に18歳から専門学校へ通い、20歳程度でアシスタントとしてキャリアをスタートさせる人が多い業界です。そのため、30代からアシスタントになるとしても実際にヘアカットを始められるのは30代中盤からになります。そうした年齢によるキャリア形成の遅れを気にしなければ、後は自分が採用されるお店の年齢制限に掛かるかどうかだけが問題。お店によっては年齢に関係なく採用してくれるところもありますので、技術力と接客の場数をこなして行けば、美容師としてのキャリアが積み上げられていきます。

若い人ばかりで年齢制限があると勘違いされやすい美容師ですが、年齢的な制限はありません。中には40代から美容学校へ通っている人もいるほどで、実際には何歳からでも目指せるお仕事です。一緒に美容師を目指す仲間は若い人ばかりなので、年齢差が気にならず誰とでもコミュニケーションが取れれば、美容師に転職することは夢ではありません。

転職はその人の人生を決める重要なターニングポイントです。30代から美容師を目指すなら、まず美容学校に通い、そこからアシスタントを経て少なくとも5年は美容師としての経験を積みたいところです。貴重な30代はもちろんのこと、40代に入っても第一線でスタイリストとして働くことになります。技術の定着に自分の貴重な時間を使わなければなりませんが、多くの人と接し、自分らしい接客や技術の提供ができるので、やりがいの大きなお仕事といえるでしょう。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら