一般事務職の30代転職なら

30代に人気の事務職は、再就職や中途採用など転職市場のなかでも人気の分野です。30代に入って事務職を志す場合のポイントについて考えてみたいと思います。

20代から事務職一筋にキャリアを積んだ方は、同業種への転職ということでスムーズに進めやすいのですが、キャリアや業務内容を今一度見つめ直し、次の転職先にどのように活かせるかを洗い直してみましょう。応募先の事務職は前職とまったく同じというわけではありません。今まで培ってきたノウハウ、スキルなどが活かせなければ、転職をしてもあまり意味はありませんから、ぜひ新たなキャリア形成に繋がるように考えをまとめ直すことをおすすめします。

また、30代で初めて転職を行う場合は一人では不安かもしれません。そこで、転職サイトや中途採用者専用の転職エージェントからアドバイスを受けてみましょう。事務職は数ある職種のなかでもそれほど難易度が高くありませんが、高くないからこそ逆に応募者が殺到する場合もあります。また、企業によっては語学力や金融、法律に関する知識が必要不可欠としている場合もありますから、新たな資格取得の必要もあるかもしれません。まずは転職専門のアドバイスを受け、企業ごとに必要とされるスキルや年齢制限などを確認しておきましょう。

30代の事務職といえば、企業内ではいわゆる中間管理職としてのポジションです。中小規模の職場でれば即戦力扱いとなり、営業事務など第一線の補佐を行う業務もあります。いつでも現場に入って仕事ができる、という気持ちで即戦力としてのアピールを行うと良いでしょう。これまでの職務経歴や取得してきた資格についても、事務職として即戦力になり得ることを念頭において整理してみましょう。

事務職の中には、医療現場に特化した「医療事務」という職種もあります。医療事務にはメディカルクラーク(医療事務技能審査試験)など専門の資格が存在しますが、実際の現場では資格以上に実務経験を重視しやすく、30代で医療現場が未経験の方は少々難関となっています。そこでまずは医療事務の資格を取得しておくと転職時に有利に働く可能性が高くなります。

医療事務と並んで人気の「法律事務」というお仕事もあります。こちらは法律事務所で、弁護士の先生のもとで働く事務職を指します。先生のスケジュールの把握や依頼者の対応、支払い業務など事務職の中でも幅広い対応が求められますが、法律知識が学べるためレベルの高い転職先を希望する方に人気があります。

事務職にもさまざまな分野があり、それぞれに求める条件は異なります。まずは求人を細かくチェックし、どの分野で事務職に就きたいかを考えて、転職活動をスタートさせてみてはいかがでしょうか。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら