エンジニアの30代転職なら

30代からエンジニア職に転職を行う場合、全くエンジニアとしての経験がないと「未経験者」扱いになってしまいます。しかし、意外にも最近ではエンジニア職の門は広く開かれており、30代未経験でもエンジニアを目指すことは十分に可能といわれています。

ITに代表されるエンジニア職は、以前までは35歳がキャリアの限界とも言われる、非常に厳しい世界でした。しかし近年では終身雇用制の崩壊と企業側の体質の変化により人材がより流動的になり、年齢による上限も撤廃されつつあります。新たな転職先としてももちろん有望と言えるでしょう。

そもそもエンジニアとは、システムを設計、開発する職種のことです。研究者タイプの社員が多いイメージがある業界ですが、契約社員や派遣社員など柔軟に雇用できるシステムが構築されつつある今、年齢による制限はだんだんと崩れつつあり、異業種からエンジニアに転職する方も少なくありません。

知識がゼロの状態からエンジニアを目指す場合、スクールに通ったり、独学で学ぶなどしてある程度の初期投資が必要になりますが、その後学んだ知識を使って未経験可能な職場をピックアップし、応募をしていきます。実務経験がない場合正社員採用は難しいかもしれませんので、まずは派遣などでキャリアを積んでから転職を考えると良いでしょう。30代であれば、少なくとも3年程度はエンジニアの下積みを行ってから転職されることをおすすめします。

逆に実務経験もスキルも持っている方は、これまでの経験を活かして正社員にチャレンジすることができます。雇用形態や資格の有無など、企業によって求める人材のタイプは異なりますから、自分の希望に合った企業を選ぶところからスタートすると良いでしょう。

新たに資格を取る必要があれば、ある程度転職活動期間に余裕を持っておく必要があります。またエンジニア業界の動向は転職サイトやエージェントからアドバイスを受けることもできますので、転職サービスに協力を仰いで、効率的に情報を収集するようにしましょう。

インターネットは世界中で必須の物となりつつあり、エンジニア職の需要も今後ますます増加するものと考えられます。最近では海外との連携を緊密にする企業が日本国内にもみられるようになり、英語をはじめとした語学力が必要な現場も増えてきています。エンジニア職はもはや国内にとどまらず、グローバルな市場となりつつあります。そのため、エンジニアとしての実務経験や知識が少なくても、語学力などを活かして活躍することができるかもしれません。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら