コンサルタントの30代転職なら

コンサルタントの30代転職には2つのパターンが考えられます。どちらのパターンかによって転職の動向や注意点などが異なってくるだけに、あらかじめ確認が必要です。

1つ目のパターンはすでにコンサルタント業界に身をおいた状態で別の仕事先へ転職を目指すものです。すでにこの業界でキャリアを積んでいるため、それを土台にキャリアアップや年収アップを目指すのがおもな目的となります。転職活動の際には当然キャリアをできるだけアピールしていくことが肝になるわけですが、前の職場をやめるにいたった理由もしっかりと踏まえながら適切な転職探しを行っていくことが重要なポイントとなります。

コンサルティング業界は需要が増加し、市場の拡大が進んでいるといわれる一方、実態がよくわからない面もあります。その分すでに業界でキャリアを積んできたケースでは職場環境の問題点なども把握し、こうした環境は避けたい、といったマイナス点を明確にしたうえで職探しが出来るのが大きなメリットです。

2つ目は企業内でコンサルタントに関連した業務を担当していた状態からコンサルタント会社など専業の仕事へ転職を目指すパターンです。中小企業診断士やファイナンシャルプランナーといったコンサルタント関連の資格は働きながら取得し、そのまま企業内でそのスキル・知識を活かすケースが多いため、30代の転職ではこれがもっとも一般的でしょう。この場合はまず自分がどんなコンサルタントを担当したいのかを明確にしておくことが大事です。コンサルタントといっても経営コンサルタントをはじめITコンサルタント、人事に関する人材コンサルタントなどさまざまな種類があります。希望はもちろん、現実的な視点で自分の適性に合った分野を選んでいくことが求められます。

いずれにしろ、転職先のコンサルタント会社がどういった業務を行っているのか、経営状態はどうなっているのかをしっかりと把握しておくことが重要です。先述のようにコンサルタントにはさまざまな種類がありますが、コンサルタント会社にはひとつの分野に特化して営業しているタイプといくつかの分野を取り扱っているタイプがあります。求人情報だけではなく、会社のホームページなどでできるだけ詳しい情報を入手したうえで判断することが重要です。就業環境はもちろん、その会社がどういった企業とコンサルティング契約を結んでいるのか、過去にどういった実績を積み重ねてきていたのか、応募する側がまず企業を判断する姿勢が求められるでしょう。

将来性と適性の両方を考慮したうえで、自分を高く評価してくれるところを探していきましょう。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら