営業職の30代転職なら

30代の転職者にとって、もっとも転職しやすい職業といえば「営業職」です。企業の即戦力であり、やる気次第では年収の大幅アップも見込める、いつの時代も人気の職種です。

営業職はさまざまな業種から転職者が集まりますが、いずれにしても長く続けていけば働きが年収に反映されやすい職業です。せっかく営業に転職を希望するのであれば、年収だけでなく自分自身のキャリアアップややりがいなども追い求めて損はありません。

営業職へ初めて転職する場合は、転職者をサポートしてくれるサイトやエージェントなどのサービスを利用するのが良い方法です。最近では多くの転職サイトが登場していますが、営業職に強い転職サイトは限られていますので、事前によく比較してこれと思うサイトをいくつかピックアップし、利用すると良いでしょう。

エージェントからアドバイスを受ける場合は、的確できちんとツボを押さえていることが重要です。業界ごとの専属チームを持ち、それぞれの業種に精通したエージェントがいる転職サイトなどは非常に心強い味方です。面接や応募書類の書き方にも、営業職ならではのチェックポイントがありますから、細かい情報をあらかじめ押さえたうえで応募に臨む方法がもっとも確実です。

また、営業職にチャレンジする際に忘れてはならないことは「過去の営業成績をまとめ、話せるようにする」「営業職で活かせるスキルをアピールできるようにする」「身だしなみに気を遣う」ということ。特に書類選考と面接の両面で重要とされるものは、営業職の場合は数字や実績などです。たくさんの応募者は皆それぞれ営業の経験やそれに準ずる経験を持っていますが、数時ばかりは同じではありません。そこで、何の営業をしていたのかという情報に加え、どれほどの成績を上げて来たからを具体的に説明できると良いでしょう。

異業種から営業職へ転職する場合などは、以前の職で得たスキルをどう営業職へ活かせるかということです。営業は特に転職しやすい職種と言われていますが、だからこそライバルも多いのです。自分の持つ能力や良さを、営業にどのように活かせるかをよく考え、説明できるように準備しておきましょう。

営業未経験の方は、あらかじめ転職サイトの担当者やエージェントに相談をするなどして、面接や応募時のアピール方法を話し合っておくと良いでしょう。自分一人では不十分でも、協力を仰ぐことでキャリアを洗い出し、長所をしっかり伝えられるように準備することができます。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら