美容部員の30代転職なら

百貨店などで接客を行う「美容部員」と呼ばれる職種は、ビューティーアドバイザー、ビューティコンサルタントと呼ばれる場合もあり、女性の憧れる職種の一つです。

美容部員は百貨店やショッピングセンターの化粧品売り場を任され、メーカーのブースに立ってお客様への実演販売やアドバイスなどを行います。特徴としては、顧客の年齢層が高めであることから、あまり美容部員が若いと接客に影響が出ると考えられています。そのため、20代後半から30代中盤、もしくはブランドによっては40代でも美容部員としてお仕事をされている方がいらっしゃいます。

美容を専門とする仕事のため、40歳頃にはほとんどの方が退職されているという特徴もあります。そのため、一度転職をしたはいいが、適齢期になって自然に再転職しなければならないというリスクもあります。20代後半〜30代にかけて転職をしても、美容部員として働けるのは10年と少々。美容部員に転職する場合は、退職後の40代からのキャリアについても視野に入れておかなければなりません。

企業によっては採用者の学歴を重視する場合もありますし、逆に接客経験や美容の知識などを求める場合もあります。そのため、まずは求人票やインターネット上の求人条件をよく読み、制限がかけられているかどうかをチェックしましょう。

最近では30代からの中途採用も多いので、憧れのメーカーやブランドでも募集がかかる可能性があります。もちろん転職サイトに載った求人に応募しても良いですし、転職エージェントから紹介を受けるなどして転職活動を進めても良いでしょう。メーカーの場合、国内大手と外資系の二種類に大別することができますから、どちらが自分に合っているかをしっかりと比較することも大切です。

外資系の動向としては、中途採用が多く採られる傾向にあります。いずれにしても募集要項をよく読み、年齢の上限だけでもチェックしておきましょう。過去に美容業界で勤務した経験がない場合は、未経験者でも可能としている企業を優先するか、入社後に研修制度がある募集を探すと確実です。

多くの業界の中でも特に美容業界は華々しい印象があります。これから美容部員に転職を考えているなら、求人誌や求人サイトはこまめに確認し、応募したいメーカーのサイトに求人が載る場合もありますから、そちらも忘れずにチェックしましょう。また、転職サイトなどと連携して効率的に情報を集める方法も有効です。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら