銀行員の30代転職なら

銀行員の30代転職はそのシチュエーションが大きく2つに分かれる傾向が見られます。ひとつはキャリアアップを目指した転職、もうひとつはもっとゆとりのある就業環境を目指しての転職です。どの職業でも多かれ少なかれそうした面があるわけですが、銀行員の場合はとりわけそれが明確に見られるのが特徴です。

そもそも銀行員の転職理由が「厳しい就業環境」であることが多いのです。高収入で安定した就業環境で人気の高い銀行員ですが、実際には厳しいノルマや就業環境に追われて働いているケースも少なくありません。ある程度の収入を確保できる職業だからこそ、「少々年収ダウンしてももっと働きやすい職場がいい」と考えるケースが多いのです。

一方、キャリアアップ志向が強い銀行員にとって30代はこれまでよりもワンランク上のキャリアと収入アップを得る絶好の機会、培ってきたキャリアとスキルを武器に転職を目指すケースもよく見られます。こうした事情から冒頭のように転職事情に2つの傾向が見られているのです。

キャリアアップを目指す際には2つのポイントが考えられます。ひとつは前の職場よりも規模が大きく有名な銀行へ転職を目指すケース。地方銀行からメガバンクへの転職などはその典型的なケースといえるでしょう。地方銀行や都市銀行の間でも年収の水準に差があるため、銀行員の平均年収が高い銀行への転職を目指すケースも考えられます。もうひとつのポイントはより高い地位を目指して転職する、あるいは将来的に昇進のチャンスに恵まれそうな銀行に転職するパターンです。銀行の規模や知名度にとらわれず、自分を高く評価してくれて昇進のチャンスに恵まれそうなところを選んでいくわけです。必ずしも大手銀行である必要はなく、自分にとって将来性のある職場かどうかが判断のポイントとなります。

一方、ゆとりのある就業環境を目指して転職する場合には、情報収集が非常に重要になります。ノルマの厳しさなどは銀行の規模や業績よりも体質と深く関わっているため、規模が大きな銀行ほど厳しい、規模が小さな銀行の方がむしろ経営が厳しいからノルマも厳しいといったことよりも銀行の方針や雰囲気が大きく左右します。銀行によってはとても現実的ではないノルマを課してくるところもありますし、逆にノルマをそれほど課さずに銀行員のやる気や創意工夫を重視するところもあります。こうした企業風土、方針といった点は求人情報からはなかなか得られませんから、幅広く情報収集を行っていくことが大事です。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら