建築士の30代転職なら

建築士が30代で転職する際には2つのパターンが考えられます。これまで働いてきた職場と同じ分野から転職先を探していくパターンと、別の分野への転身を目指すパターンです。いくつかある建築士の就職・転職先は建築士の資格に基づいた業務を行うという点ではどの分野でも共通していますが、それぞれ業務内容や就業環境に特徴が見られますから、その点も考慮して転職先を探していく必要があります。

建築士の資格を取得した年齢にもよりますが、30代での転職は基本的にはすでにある程度のキャリアを重ねた状態での状況となるはずです。ですからこれまでのキャリアをアピールしつつ転職活動を行っていくことになるわけですが、その際には新しい環境でチャレンジしたいのか、それとも待遇面などで前の職場に不満を感じていたのでよりよい職場を探したいのか、そもそもの転職の目的をはっきりとさせておきましょう。この点をあいまいな状態にしておくと求人情報をチェックする際に判断にブレが生じて最適な選択肢を見つけるのが難しくなってしまいます。

給料や就業環境など待遇面を重視して探していく場合には、これまで働いてきた職場と同じ分野から探していくのが原則です。その方がキャリアを継続できるので自己アピールがしやすく、よりよい待遇で採用されるチャンスが出てくるからです。一方新しい分野にチャレンジしたい場合には、その希望がかなう職場を探していくと同時にこれまでの職場の環境からどう変化するのか、とくに収入面についてしっかりと確認しておく必要があります。

異なる分野への転職で考えられるのは住宅メーカーや建設会社から建築設計事務所への転職です。より専門性が高い、あるいはデザインが重視される設計の仕事に携わりたい、建築士としてスキルアップをしたいと希望する人がこうしたパターンの転職を希望するのです。このパターンではひとつひとつの建築設計事務所がどういった建物を扱っているのかを事前によく確認しておくことが重要です。専門性が高ければ高いほど、デザイン性を重視していればいるほど特定の分野に特化している傾向があるため、自分が手がけてみたい分野を扱っているかどうかが判断する際の最大のポイントとなります。

このように、同じ分野への転職を目指すケースと別の分野にチャレンジするケースでは求人選びのポイントがかなり異なってきます。まずこの点を明確にしたうえで転職活動の準備を行っていきましょう。専門的な職業だけにキャリアの継続は当たり前、自己アピールよりもまず自分の適性に合った職場を見つけることが優先されます。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら