旅行業界への30代転職なら

旅行業界の転職先といえば、大手の旅行代理店をはじめとするさまざまな旅行会社や旅行事業部が挙げられます。LCCの普及によって国内・海外の至る所へアクセスが容易になったこともあり、旅行業は今後さらに活発化されると期待されています。

最近ではインターネットで気楽に航空券やホテルの手配ができるということもあり、インターネットでの旅行ビジネスも活発化しています。今までの旅行業といえば添乗員などが主体でしたが、これからの旅行業はさらに多様化することが予想されます。

そのため、30代の方が旅行業界へ転職する場合、まずは具体的に旅行業界でどんな事がしたいのかを明確にする必要があります。基本的に旅行業へ転職を希望される方は旅に興味がある方が多く、男性よりも女性の割合の方が多いことも特徴的です。添乗員として現地に同行する業務から、商品企画やマネジメント、セールス、あるいは事務や経理など幅広い職場が用意されています。

業務内容によっては添乗員になるための「旅行業務取扱管理者」の資格を取得する必要がありますし、経理や事務などは20代からの実務経験が重視されます。また、今までに旅行業に関わってきたかどうかというキャリアの有無も問われるため、採用事情は各企業によって異なります。

派遣社員や契約社員への門が広がったおかげで、最近では大手の旅行会社でも中途採用の募集を多くかけるようになりました。以前のように、新卒者でなければ応募できなかった職種でも、30代の中途採用から転職を成功させることが可能になっています。

もちろん、未経験から旅行業界へ転職することも不可能ではありません。転職サイトでは未経験歓迎の求人も多く見られるようになりました。海外から旅行客を日本国内に呼び込むため、英語などの外国語を扱える人材も広く募集されています。

このように、旅行業は30代でも十分チャレンジ可能な分野です。旅行の企画や運営などに関わることもできますし、営業スキルや経理スキルなど自分の持つ能力を活かすこともできます。また旅行業では、オペレーターなどアルバイトからでもできる業務を通して徐々にステップアップし、正社員へと登用されるケースも増えてきています。

いずれにしても、30代の方はどんな業務を志望するかを明確にし、年齢制限が少なくキャリアップの可能性のある職場を優先的に選ぶと良いしょう。転職エージェントに相談をするなどして、事前にいろいろな情報を得ておくことも効率的です。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら