運送業界への30代転職なら

人手不足が深刻化するなか、運送業界ではアマゾンや楽天などのインターネット通販の需要増加に伴い、宅配便の取扱いが増加しつつあります。便利に買い物ができるようになったということは、それだけ運送業界には追い風となり、今後の業界の成長を後押ししてくれる材料ともなります。

30代で転職を志す方の中には、運送業界や物流業界を視野に入れている方もいるかもしれません。運送業というと若い男性が毎日忙しく配達を行っているイメージがありますが、物が人や企業から相手先へと流れていくためには、ただ運ぶだけではなく、それ以外のプロセスも非常に重要になります。

運送業界に転職する場合、まずは希望する運送会社をピックアップします日本の運送会社には宅配系、総合系、ロジスティクス系の三種類に大別することができ、自分自身が希望する企業を絞り込む作業が必要です。運送業界について詳しくない場合は、転職サイトなどのサービスを利用して、専門的なアドバイスを受けておくことをおすすめします。

運送会社では現場で働くサービス職と、裏方で働く事務職の二つに分かれています。事務職の中には一般的な事務業務から企画、法人営業、オペレーターや販売促進などさまざまな業務が存在し、自分の持つスキルがもっとも活かせる部署を希望する必要があります。もちろん未経験からでも採用可能としている企業はありますが、30代の場合即戦力として働いて欲しいと願う企業がほとんどですので、まったく未経験の分野よりある程度業務に入りやすい所を狙うと確実です。

運送業はサービス職があるとはいっても、接客などのように華やかな職場ではありません。入社してから「こんなはずじゃなかった」とならないためにも、あらかじめ志望する企業の業務内容や現場の雰囲気などはチェックしておきたいところです。

また、運送業は人と接する仕事でもあります。最近ではサービス職を中心に、接しやすい人柄であること、言葉遣いが丁寧であることなどが見られる傾向にあります。女性が運送業界を志望する場合はドライバーよりも事務職の方が採用されやすく、体力を使う配達業務などは男性が中心に採用される傾向にあります。

運送業界の特徴としては、いつも若い世代が中心になって活躍しているということです。さまざまな企業が常に求人を募集しており、国内でも需要が多い職種であるため、転職は比較的成功しやすい業種と言えるでしょう。大手の転職エージェントには随時運送業に関する求人が出ていますので、複数の企業を比較して絞り込むためにも役立ちます。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら