商社業界への30代転職なら

商社業界への転職は、総合商社をはじめ海外にネットワークを持つ企業が多く、輸出入や貿易に関わる職種であるため、新卒の就活生にも絶大な人気を誇る業界です。特に30代の方が商社へ転職を希望する場合は、営業職など第一線で活躍できる部署が選ばれていますが、海外とやり取りをする場合英語でのコミュニケーションは必須と言えます。

そのため、商社の多くは英語力を必要条件としています。求人の応募資格欄に最低限の英語力としてTOEICのスコアを掲げている場合もありますので、商社へ転職を考えている方は必ず語学力の項目をチェックされると良いでしょう。

英語力の目安としては大体650点以上からが平均と言われています。800点程度のスコアがあればさらに選択の幅が広がりますし、語学力はあってもありすぎるということはありません。最近では英語以外に中国語や東南アジア系の言語も人気があり、応募先の商社が海外のどこに繋がりを持っているかによって、必要とされる言語も多様化しています。

万が一語学力がなくても、実務経験や業務知識の量によっては採用されるケースもあります。どれほど専門分野に熟練しているか、また企業の求める人材に合致しているかによっても採用の難易度は変化します。これは逆に言えば、語学力が応募条件に合っている場合でも、企業によっては業務の専門知識がある方を優先的に採用し、語学力だけでは不採用となる場合もあるということです。

どの企業にも確実に言えることは、「30代は即戦力である」ということです。20代と違って時間をかけて育成する余裕はなく、むしろ20代の社員を率いて頑張って欲しいという気持ちを持っています。特に業務が多忙になりやすい商社業界では、海外に出る場合も経験と知識を持った30代の社員に任せたいと考えている企業が多いようです。

これから商社業界へ転職を考えている方は、ランキングの上位に挙がっている商社の求めるレベルやスキルを把握し、自分自身がどのレベルに合致しているかを知る必要があります。特に新事業部を抱える商社はできるだけレベルの高い社員を採用したがっていますから、そうした企業に応募する場合はスキルアップが必須になります。語学を学びながら転職活動をする場合でも、応募先の企業が求めるレベルを事前に把握しておくと安心です。

また、海外事業に関わらない資金調達や国内取引に関わる部署でも、英語などの語学スキルが求められる場合があります。特にTOEICは有力な採用基準ですので、まだ一度もテストを受験したことがない方はぜひ自分自身のレベルを知るためにも試験を受けられることをおすすめします。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら