スポーツ業界への30代転職なら

スポーツ業界への転職は、インストラクターなど直接トレーニングを行う指導員をはじめ、メーカーでの営業、あるいは経理や事務、スポーツ関連施設の運営やマネジメントなど多種多様なお仕事があります。

前職と同じ部署を希望する場合、スポーツが得意である必要はありません。30代の方が転職をする場合、企業側にとっては個人の力量やスキルがどれほど自社に貢献してくれるかが重要であるため、20代の新卒者とは違った視点で採用を行っています。

もちろん30代の転職者であっても、スポーツ業界を志すのであればある程度スポーツに関心は持つべきですし、業界の専門知識なども必要です。しかし中途採用の場合現場でじっくり育成するのではなく、自発的にいろいろな知識を吸収して、さらに若手の社員を引っ張っていける人材が求められています。

特にスポーツに関連した業界は、活発で活動的な人材を求める傾向もあります。応募書類にはもちろん、面接でもやる気をしっかりとアピールすることが一つのポイントです。

スポーツに関する業務には、先ほども述べたように多様な分野が存在します。百貨店など大手の顧客をメインとした営業から、海外商品の輸入、あるいはマネジメントや商品開発など、自分の持つスキルを活かしやすい環境が多くあります。

補佐業務などは未経験からでも可としている求人がありますし、スポーツ用品やトレーニングウェアの販売スタッフやイベントスタッフなどは、ショップに出て若手の一員として活動できるチャンスが多く用意されています。またスポーツ業界は海外との連携が緊密な有名企業も多いため、転職に際して海外業務にチャレンジすることも可能です。逆に、前職のスキルを活かして事務経験を積むこともできます。

接客などのお仕事は、店頭に出てお客様に対応したり、より良い商品の提案やコーディネートを行います。こちらは20代の若手社員と同じ目線で仕事ができる環境で、なおかつ30代社員はリーダーシップを発揮しやすい環境でもあります。

また、スポーツ業界には映像制作などの仕事や、若手スタッフへの指導育成などのお仕事もあります。いずれにしても今まで培ってきたノウハウを活かせる環境が多いため、新しいものが好きな方にはチャレンジしやすい業界と言えるでしょう。

入社後数年で店長代務や店長業務を目指すことも夢ではないので、これから転職活動をされる方は、ぜひ自分に合った求人を探してみてはいかがでしょうか。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら