不動産業界への30代転職なら

不動産業といえば、宅建などの資格を取得して転職を希望される方が多い職種です。特に営業などの経験が豊富な方は、不動産業で自分の持つスキルが活かしやすく、さらに人と密接に関わることで人の役に立てるメリットもあります。

不動産業といっても、業者や企業によって規模は様々です。大手の大企業から中小規模、あるいは自営業まで、幅広い選択肢が用意されているところも魅力の一つではないでしょうか。20代の新卒者であれば大手を選びやすいところですが、スキルや実務経験を持った30代の方であれば、中小規模の会社でも重要なポストを任されやすく、結果的にやりがいへと繋がりやすくなります。

また、不動産業界は成果を重視するイメージがありますが、成果を出すことはもちろん、営業には少なからずノルマが存在します。不動産業界の営業職は不動産を貸したり売ったりする業務が主体ですから、顧客と密接な関わりが持てる点では非常に魅力的であり、人とダイレクトに接することができるお仕事です。人の人生を左右する業務でもあるため、毎日が刺激的で、経理や事務など地道なお仕事よりも面白いと感じられる場合もあります。

不動産業界の中途採用については、一度転職を成功させても年収や営業ノルマなどの関係で他の企業に再転職するリスクがあるということです。企業によっては経営不振などのリスクも伴うため、終身雇用や生涯安定して働ける職場とは言い切れない部分もあります。したがって、不動産会社への転職を考えている場合は、10年、20年先の未来を見据えての転職活動を行うことが必要です。

すべての業界に言えることですが、30代はどの企業でも即戦力として扱われます。そのため、不動産業界が未経験でも30代以降は実務経験やスキルによって採用が決まると言っても過言ではありません。若さや忍耐力などではなく、逆に今まで培ってきたノウハウを不動産業に活かせるかどうかがチェックされると考えましょう。

不動産業は専門的な知識ももちろん必要ですが、それだけあれば優遇されるとは限りません。知識があれば不動産に関するコンサルティングを希望することもできますが、知識が問われるかどうかは応募先の企業によって異なります。まずは不動産業界で何をしたいのかという目標を決めておき、その目標を実現できる企業を絞り込むようにしましょう。もしも不動産業界に一切知識がない場合は、転職エージェントや転職サイトを利用して、応募前に専門的なアドバイスを受けておくことをおすすめします。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら