鉄道業界への30代転職なら

30代に入ってから鉄道業界へ転職を目指す場合、まずは転職サイトやエージェントの力を借りながら、鉄道会社や鉄道業界に関連する情報を収集すると良いでしょう。ある程度リサーチする力があれば自分一人でも転職活動を進めて行けますが、最近では契約社員の募集を行っている企業も増えてきており、求人が色々なところから出ています。自分の力だけで情報が集めきれない場合に備えて、鉄道業界の動向に強い転職サイトを利用すると良いでしょう。

中には、鉄道業界に昔から憧れを持っており、30代に入ってようやく念願かなって転職のタイミングがやってきたという方もいるかもしれません。しかし、鉄道業界は意外にも「鉄オタ」と呼ばれる人は少ないようで、鉄道が大好きだからといって乗務員や鉄道業界に適性があるわけではないようです。

運転士など直接鉄道を運転する業務については20代での就職が圧倒的であり、30代に入ってからチャレンジする人というのは非常に数が少ないと言われています。逆に、駅員などは中途採用からでもキャリアを積めますが、ある程度時間がかかることは覚悟しなければなりません。

最近では女性にも門が開かれ、夜間勤務なども解禁され始めているようです。しかし鉄道業界は古くからの体質が残る分野であり、女性は結婚して出産し、退職すると考えられがちですので注意が必要です。また鉄道業界は体力がなければ勤まらないとも言われ、女性は体力がないからといって不採用となるケースも依然残っているようです。

とはいえ、30代の鉄道業界への転職は不可能ではありません。契約社員から始まり、ステップアップをして正社員へと登用される道もあれば、運転士として活躍中の中途採用者も増えてきています。また、今までに培ったスキルを活かして事務などの運転士以外の業務を担当することもできますし、能力次第ではさまざまな職種に転職することが可能と言えます。

すべての転職活動に言えることですが、書類選考では自分自身のキャリアやスキルを鉄道業界にどのようにして活かせる卯かをしっかりとアピールしましょう。最近では外国人観光客への接客なども求められるため、語学ができて日本人らしい丁寧なサービスができる人材は重宝されます。それ以外にも鉄道業界に活かせる力があれば、履歴書や職務経歴書にはその旨を記載しましょう。

鉄道業界に詳しくない場合は、先ほども述べたように転職エージェントのサポートを利用する方法が確実です。鉄道会社の情報を逐一集め、応募や面接に際してのアドバイスを得られますし、自分に合う鉄道会社をマッチングしてもらうこともできます。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら