製薬会社への30代転職なら

製薬会社への30代転職はまず薬剤師の資格を保有しているかどうかによって事情が大きく分かれます。薬剤師の資格を取得していれば製薬会社のさまざまな部門・職種への転職のチャンスが開けるのに対し、取得していない場合にはかなり限られた選択肢の中から転職先を選んでいくことになります。

薬剤師の資格を保有している場合、研究・開発部門に転職できるかどうかが最大の鍵となるでしょう。製薬会社への転職を希望する最大の目的が、この部門への採用が実現するかどうかにあるといっても過言ではありません。この点については過去のキャリアもさることながら年齢が採否を決める重要な要素となってきます。研究・開発いずれにおいても時間をかけてとりくんでいく部門です。人材に関してもじっくりと時間をかけて育成していく傾向がある分、年齢が若い方が有利になるのです。この点は即戦力への期待からキャリアが重視される薬剤師の他の職種との大きな違いでもあります。

この年齢については製薬会社によって事情が異なるため一概には言えない面もありますが、一般的には30代前半、遅くとも30代半ばまでがリミットとなるでしょう。研究・開発部門への転職を希望している場合にはこの年齢までに決断を下すことが必要なのです。言い方を変えれば同じ30代でも前半と後半では目指せる職種の選択肢や転職事情が大きく異なってくることになります。

一方、生産・管理といった部門ではそれほど年齢は問われず、30代なら応募条件を満たした上で転職活動を行っていくことが可能です。年齢がマイナスにならない分、過去のキャリアや仕事への適性などをうまくアピールしていきましょう。

製薬会社への30代の転職ではMRという選択肢もあります。薬剤師の転職先として注目を集めている職種ですが、実際には薬剤師の資格は必ずしも必須ではなく、文系出身のMRも多く活躍しています。営業力や情報の分析力、コミュニケーション能力といった面が問われる分、むしろ薬剤師よりも営業や販売職出身の方が適性があるとも言えます。異業種から30代で製薬会社への転職を目指す場合にはこのMRも有力候補となるでしょう。ただ、学歴が応募条件になっているケースや、MRの関連資格が問われるケースもあるうえ、採用のハードルそのものが非常に高い点はあらかじめ踏まえておきましょう。

そのほかでは総務や経理、経営・企画といった部門でも転職のチャンスがあります。いずれにしろこれまでのキャリアで培ったスキル・知識をアピールできる分野から選んでいくことが必須となるでしょう。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら