マスコミ業界への30代転職なら

華やかなイメージが強いマスコミ業界への転職は難しいといわれています。ただそれはあくまで大手のテレビ局や新聞社、出版社といった転職に限らず採用のハードルが高い企業のイメージが強いのが大きな理由で、実際には30代での転職のチャンスも十分にあります。

マスコミ業界への30代の転職においてまずポイントとなるのが実務経験です。もともと出版業界や新聞社など一部の業種を除けばもともと学歴が問われず、高卒でも十分採用されるチャンスに恵まれています。その一方で実務経験が重視されており、転職の際には過去にどういった職場でどのような経験を積んできたかが採否を決める大事な要素となります。マスコミ業界には他の業種にはない業務内容が多いほか、独特の習慣やルールなどもあるため、学歴よりも実戦経験に裏づけされた適応力が求められる要素が大きいのです。

この実務経験において重要なのは必ずしも応募先の企業と同じ業種の経験でなければならない、というわけでは決してないことです。たとえば広告代理店や広告制作会社では印刷会社や出版社、PR会社といった職場での経験も評価の対象となります。

また、働いてきた企業の規模や知名度が評価の材料になることが少ない点も覚えておくといいポイントです。ですから中小規模のマスコミ系の企業で着実にキャリアを重ねた後に大手企業への転職を実現するチャンスも十分にあるということです。自分のキャリアがどういった形で転職活動に役立つか、アピールポイントとなるのかをよく判断したうえで転職先の候補を探していくようにしましょう。

もうひとつのポイントは企業の規模です。大手企業への転職は難しいのですが、一方中小規模の企業から大手企業への転職のチャンスは十分あります。ですからキャリアに自信がない方、転職の際に自己アピールに役立つ材料が少ない方は中小規模の企業への転職をまず目指すのがオススメです。マスコミ業界にはさまざまな企業が関わっています。たとえばテレビ業界を見ても地方のテレビ局や制作会社など大手の下請けを担当している企業が多いのです。こうした企業なら30代の転職のチャンスも十分にありますし、経験を積んで能力を評価されるようになれば関わりのある大手企業への転職、さらにはスカウトなどのチャンスも得られるでしょう。

ですから30代の転職では過去の経験をできるだけ活かしつつ、現在の自分で採用のチャンスが目指せる職場を探していくことです。そのうえで将来の転職も視野に入れて最終的な判断を下す姿勢が求められます。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら