製造業への30代転職なら

30代で製造業への転職を目指す場合、未経験からの転職か、過去にキャリアがあるかによって状況が異なってきます。前者の場合は未経験でも採用されやすいかどうかが最大のポイントとなるのに対し、後者ではキャリアアップや年収アップといった面を重視して探していく必要があるからです。

製造業は未経験からでも比較的転職のチャンスに恵まれやすい業種です。学歴を問われることも少なく、現場で着実にキャリアを積んでいくことで昇給・昇進のチャンスを掴むことができます。その意味では30代で未経験から転職を目指すうえでよい選択肢といえます。ただし、30代で転職する場合には収入面や就業環境も考慮して職探しを行っていかなければなりません。未経験からの製造業への転職では前の職場に比べて大幅な収入ダウンを覚悟しなければならないケースもあるので注意が必要です。

それから製造業といってもさまざまな分野があります。どういった分野で働きたいのか、また転職のチャンスがあるのかを検討していくことも必要です。製造業として一般的にイメージされるのは自動車をはじめとした輸送機械、家電・情報通信機器の電気機器、カメラから医療機器までが含まれる精密機器、さらに医薬品や化粧品などの化学製品、印刷関係、鉄鋼業、食品産業なども含まれます。当然業務内容はもちろん、実際の製造現場の状況、従業員に求められるスキル・知識なども異なってきます。未経験からの転職では印刷関係や衣料品をはじめとした日用品関連の製造業がもっともチャンスに恵まれるでしょう。

一方製造業でのキャリアがある場合には異なる業種への転職を目指すのか、同じ業種への転職を目指すのかの選択が重要なポイントとなるでしょう。異業種への転職では家電メーカーから精密機器メーカーなど過去のキャリアとスキルが活かせる範囲内から候補を選んでいくことが大事です。30代になってなぜ異業種への転職を考えるにいたったのかといった点も考慮したうえで選んでいくとよいでしょう。

同じ職種への転職を目指す際には年収アップはもちろんですが、キャリアアップを目指せるかどうかが最大のポイントです。キャリアアップの選択肢としてはエンジニアがまず候補にあがります。他にも製造現場の管理や監督を行う役職などもキャリアアップが期待できる選択肢です。こうした求人はどうしても数が限られてきますから、いかに情報をうまく入手し、チャンスを逃さずに応募できる環境を整えておくかが転職を成功させるうえでの鍵となるでしょう。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら