IT業界への30代転職なら

IT業界への転職を考えている方がもっとも悩むことは、自分の開発スキルではないでしょうか。ITといっても直接プログラミングに関わることがなければ、異業種からの転職も夢ではありませんが、異業種から開発職へ転職するのであれば、実務経験とスキルの両面が備わっていなければ難しいのが現状です。

20代でIT業界へ足を踏み入れることは、さほど難しくはありません。パソコンの知識がゼロでも事務的な業務から徐々にステップアップし、現場で場数を踏むことによってだんだんとプログラマーとしての知識が身についていきます。しかし30代ともなると、プログラムはある程度卒業し、より上流の工程に関わることを求められるため、未経験者から採用されるケースは意外にも多くはないようです。

独学でシステムの勉強をしたり、資格を取得している場合は、チャレンジ精神があると判断され開発者として採用される場合もあります。しかしその場合も、やる気や意欲だけで必ず採用されるとは限りません。まずは応募先の企業がどんな人材を求めているか、さらにその応募先企業の30代社員はどのポジションで活躍しているかをチェックし、自身の転職活動に役立てる必要があります。

IT系の企業で開発職以外の仕事に携わる場合も、30代は即戦力として見なされます。多くの場合実務経験があってこその採用ですから、今まで培ってきたスキルや経験に基づいて応募先を決定する必要があります。さらに、IT分野に関わる知識も少なからず知っておかなければなりません。経理だから、事務だからといってITにまったく通じていないというわけではなく、どの部署であっても業務にIT知識は欠かせません。

30代という年齢にともなった実務経験があれば、IT業界への転職はさほど難しくはありません。以前はプログラマーだったがその後別業種に転職し、プログラマーの経歴にブランクができた場合でも、経験と知識によっては採用とされる場合があります。ただし30代は若手を率いてリーダーシップを発揮できる人材が優先的に求められるため、年齢に見合った実力を持つ人材が採用されやすいということも覚えておきたいところです。

近年のIT業界の動向としては、時間のかかる下流工程は下請け企業やソフトハウスに任せるケースが増えてきています。そのため、プログラマーとして活躍できるかどうかは応募先の企業によって変わってきます。まずは自分自身の目的とキャリア形成に関するビジョンを明らかにし、10年先を見据えての転職活動を心がけましょう。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら