ゲーム業界への30代転職なら

今やスマートフォンやタブレットなどをメインに広がりを見せているIT業界。転職市場においても、以前までは「35歳が限界」という説がささやかれていましたが、現在では年齢を問わず転職を可能とする企業も増えつつあり、全体的に回復の兆しが見えています。業種や職種で細かい違いはありますが、採用数や採用条件などは以前よりもずっと緩和されてきています。

ゲーム業界のなかでもシステムエンジニアなど開発に関する職種は、何といっても経験が重視されます。20代のうちは未経験でも現場で経験を積んでスキルアップを図ることが可能ですが、30代ともなると即戦力としての働きが期待されるため、現場でじっくりと時間をかけてスキルを上げられる企業はそう多くはありません。

ゲーム業界における求人では、スキルさえあれば異業種からのキャリアチェンジも可能としている企業が多くみられます。CG技術や開発スキルなど、過去の経験に基づいて転職を成功させている方も少なくないようです。

ゲーム業界は日進月歩であり、日々新しい技術やアイディアを求めています。ユーザーの求めに応じたコンテンツ作りが必要な業界でもあるため、若々しい発想力があれば30代でも幅広く採用のチャンスがあります。

ゲーム業界の30代向け職種としては、ディレクターやプロデューサーなどといった専門的でリーダー的な役職に就く場合が多く、俗に言う管理職と呼ばれる求人が多くあります。すでにゲーム関連会社で経験を積んだ方であれば、こうしたリーダー的ポジションに就くことも夢ではありません。また未経験者でも、ゲーム業界に関連した実務経験やスキルなどがあれば、管理職を任される可能性も大いにありえます。

また、ゲーム会社の管理職以外の仕事としては、プログラマーやデバッカーなどのお仕事もあります。プログラマーはまず第一に開発スキルを重視しますが、デバッカーは未経験からでもチャレンジしやすく、求人も比較的探しやすい職種です。ただし開発者やデバッカーなどは体力がなければ勤まらない部分もあります。「せっかく採用するのなら、できるだけ若い人が良い」という企業もありますから、こうした職種に転職を考えるならば早め早めの行動が大切です。

ゲーム業界は、日々新しいアイディアを生み出し、それを活かすことができる業界です。そのため、30代の方でも新しい風を吹き込むことは十分に可能であり、面接時には個性をしっかりとアピールしたいところ。もちろん、応募先の職種に自分のスキルをどのようにして活かせるかを伝えることも忘れないようにしましょう。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら