金融業界への30代転職なら

30代に入ってからの金融業界への転職は、部署によっても異なりますが、どんな業務でもまずは金融分野への知識が必要不可欠です。仕事をしながら知識を身につけられる環境でない限りは、未経験者には難易度が高い職場と言えるでしょう。

金融業界は人材、情勢ともに流動的です。また金銭を扱う分野でもあるため、神経を使う環境が多く、ある程度細かい部分まで目が行きわたらなければなりません。業界未経験者が採用される場合は、金融分野に関する知識や好奇心はもちろん、この業界に残っていられるだけの体力が求められます。また海外などに拠点を持つ企業などでは、英語など他言語でのコミュニケーション能力を重視するケースも少なくありません。

金融業界は保守的な傾向も強いため、30代からの中途採用は即戦力しか求めないとする企業も少なくないようです。すでに金融業界を経験しており、スペシャリストの自覚があれば転職活動もスムーズに進められますが、未経験であればある程度場数を踏んでスキルを構築することが求められます。今現在働いている職場で金融関係の他部署に異動をしておき、そこで経験を積んでから転職する方法もあります。

また、金融業界は離職率が高いことでも有名です。営業職などは外回りが多く、体力がなければ勤まらないため女性では厳しいとする企業もありますし、営業こそ経験者でなければ採用しないというところもあります。応募前には必ず、応募先企業の体質や傾向を分析し、転職がスムーズにいくかどうかシミュレーションしておきたいところです。

金融業界に詳しくなければ、転職サイトや転職エージェントを利用するなどしてよく相談をしておきましょう。また金融系の新聞や雑誌などにも目を通し、興味や関心の幅を広げつつ知識を蓄えておくと安心です。投資などに関わりたい場合はセミナーに参加するのも良い方法です。

一口に金融といっても、それぞれの企業や職場で求められるスキルは異なります。日系企業なのか、あるいは外資系企業なのかによっても、企業体質は大きく違います。日系企業は保守的ではありますが、経験と実績重視の外資系企業に比べて未経験者にも広く門が開かれているため、転職にチャレンジする価値は十分にあります。

逆にこれから外資系企業に挑戦する場合は、第一に英語能力が重視されますので、言語スキルのレベルアップも必要不可欠です。そのため、いきなり外資系に転職するよりも日系企業で金融に関する経験を積んでから挑戦するほうが、より確実と言えます。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら