美容業界への30代転職なら

エステを含む美容業界への転職は年齢による制限は少なく、女性であれば幅広く採用されやすい業界です。若手を中心に採用される企業もありますが、40代、50代でも活躍できる環境は多く、男性と肩を並べて仕事をしていた方が結婚、出産し、その後復職するための職場としても人気があります。

美容業界といっても仕事内容はさまざま。美容業に関わる職種には、ヘアカットやスタイリングを行う美容師、あるいはサロンで一人一人に施術を行う「エステティシャン」と呼ばれる仕事なども美容業のうちに入ります。エステティシャンは利用者の年齢や体質に合わせてフェイシャルやボディトリートメントを行ったり、季節によっては脱毛の施術なども行います。

美容業は接客からケアまでをトータルで行うため、年齢に関わらず採用後は逐次ステップアップする必要があります。最近では接客やサービスを通してカウンセリングや癒しを提供する必要もあり、幅広い活躍が求められます。

人材が流動的な業界でもあるため、学歴不問、年齢不問としている求人が多くみられます。多くの企業では入社後に専門の研修があり、未経験でもスタートしやすい特徴がありますが、一方で大手のサロンや美容室は未経験の採用が難しい場合もあります。もしも未経験から始める場合は、応募先企業の規模や未経験者の割合などを事前にチェックし、できるだけ多くの情報を得てから応募するようにしましょう。

エステ業界などは華やかな職場であり、経験がものを言う場合もあります。もしもハードルの高い企業へ転職を考えているなら、一度他の美容業で経験を積んでから、再度レベルの高い企業へ転職する方法もあります。あるいは専門の美容学校へ通い、勉強し直してからチャレンジすることも可能です。

エステなどは技術を身につけなければなりませんので、入社後の研修だけでは足りず、事前に脱毛の資格や接客スキルを持っていると良いでしょう。すでに接客やコミュニケーションスキルがある方なら、エステ業界にもスムーズに転職がしやすい可能性があります。

美容に関する資格としては、日本ではなく海外の資格を取得した方が確実です。大手のサロンやホテルのスパなどでは海外の資格を取得していることが一つの採用基準とされる場合もありますから、10年先を考えて転職をするなら、欧米で認知度の高い国際エステティック協会ディプロマやCIDESCO国際ライセンスを取得されることをおすすめします。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら