アパレル業界への30代転職なら

アパレル業界で30代が転職する場合、営業から総合職、あるいは総合職から事務などというようにさまざまな部署を経験するのではなく、ほとんどの場合自分の専門の領域で転職をすることになります。

もちろん未経験のお仕事をさせて貰える場合もありますが、アパレル関係は年齢やデザイン性などが重視されることもあって、現代人らしい感覚が大切な業種です。そのため、転職する場合は今まで培ってきたスキルのほかに、自分の年齢や価値観などが見られます。

30代に入りアパレル業界に転職を考えている方のほとんどは、アパレル業界の経験者であると言われます。というのも、アパレル業界は人材の動きが流動的で、離職率もそれなりに高い業界。単なる興味だけでは長く続けるのは難しい世界です。入社後もブランドやデザインの勉強や研究は必須となりますので、そうした部分も含めて転職前から把握しておくことが大切です。

しかし、アパレル業界の仕事にどうしても入りたいという場合は、未経験であってもそれが転職のタイミングかもしれません。現在、インターネット上の求人サイトの中には、アパレル業界に特化した転職サイトや転職エージェントも存在します。アパレル専門の転職サイトは普通の転職サイトに比べて信頼性が高いですし、ご自身の実務経験やスキル、年齢もしっかりと考慮してくれます。

また、希望する企業とのマッチングを図ってくれる転職エージェントに登録する方法もありますが、アパレル業界に詳しくないエージェントはあまり期待できないので注意が必要です。アパレル業界に関して知識のあるエージェントを利用すれば、面接や応募書類などのアドバイスも的確に受けることができるので安心です。

また、アパレル業界は他の業界と違って自分自身のデザイン性やセンスを重視します。さらに店長職となると、担当していた店舗の規模や実績が評価されますから、さらにシビアになっていきます。こればかりは自然に構築されるスキルではなく、各々の実力がものを言う部分でもあります。転職時には自分の持つスキルや経験をしっかりと伝え、評価に繋がるよう工夫が必要です。

男性のアパレル業界への転職は、女性に比べて規模が狭いことが特徴です。男性の場合、百貨店や男性用ブランドのショップなどが転職先として挙げられますが、どこで働くにしても年齢は若い方が良いという考えが根強いため、30代で転職をする場合も速めの行動がカギと言えるでしょう。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら