アニメ業界への30代転職なら

30代でアニメ業界への転職を考えている場合、まずどの職種や部署を希望するかによって難易度は変化します。営業職や事務職などはそう難しくはなく、企画や開発なども前職の経験を活かすことができれば転職はそう難しくはありません。

しかし、アニメーターと呼ばれる職種などは非常に狭き門と言われています。まず第一に年齢の問題が挙げられますが、アニメ業界は日進月歩の分野であり、なおかつじっくりと作品制作に取り組めるだけの体力が必要になります。20代では多少無理が利いても、30代になると体が辛くなってくるため、特に25歳くらいが限界と言われています。

現在30代で、これからアニメ業界へ転職しようと考えている方は、アニメに関する実務経験があればある程度考慮してもらえます。アニメ制作の現場を経験した方なら、数年ブランクがあっても採用は可能です。逆に未経験者の場合、どれほど正確な画力があったとしても採用は簡単ではありません。

応募時にはスキルや力量はもちろん、専門学校などを卒業し、アニメに関して学んできているかどうかという「経歴」も同時に見られます。実際に描くことで画力を見られる場合もありますし、応募の段階からある程度採用・不採用が決まる可能性もあります。

また、アニメ業界を志望するうえで忘れてはならないのが、給与の問題です。基本的にアニメ業界は正社員ではなく歩合制で、駆け出しの頃は年収が100万程度に収まることも珍しくありません。そこから10年ほど経験を積み、30代に入ってもまだ200万程度の域を抜けないこともあります。実力が伴わなければ生活するのも難しいため、アニメ業界は非常にシビアな世界とも言えます。

未経験者でも、やる気や力量によっては採用とする職場もあります。大手のスタジオやアニメ制作会社では経験がものを言いますが、中・小規模のスタジオなどはその限りではないようです。30代の転職でも可能性はまだ残されていると言えます。

CGデザイナーなどの職種も専門的な分野ではありますが、社員のサポート業務から徐々にスキルを積み上げていける未経験者歓迎の職場も多くあります。デザイナー職はデザイン性が重視されますから、経験よりもユーザー目線で演出を行えることが大切。そのため、経験が少なくてもオリジナリティやアイディアがあれば力を発揮しやすい職種と言えます。

以上のように、アニメ業界といっても仕事の幅は広く、必要とされる人材も様々です。これから転職を希望する場合は、まずは自分の力が活かせる部署や業種を優先的に選ぶと良いでしょう。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら