航空業界への30代転職なら

30代の航空業界への転職はかなり選択肢が限られた状況での活動となるでしょう。キャリア次第でよりよい環境への転職のチャンスが開ける一方、その時点のキャリア・スキルによって転職できる職種が限られてしまうのです。たとえば30歳未経験の段階からパイロットを目指そうと考える人は多くはありません。

航空業界への30代転職でまず見ておく必要があるのが、客室乗務員(CA)への転職でしょう。女性の間で非常に人気の高い職業のため、中途採用の募集がかけられた際には倍率が1000倍を超えるケースもある難関の仕事です。そのため大学や専門学校などで客室乗務員になれる資格を得ていながらも採用の機会を得られずに30代まで他の仕事で働いてきた、というケースが少なくありません。こうしたケースでは中途採用のハードルが低い外資系の航空会社の募集を狙うのがオススメです。これは未経験だけでなく、30代の客室乗務員全般に言えることですが、外資系の方が年齢やキャリアよりも本人の資質や適応力を重視して採用するケースが多いからです。また、新卒と中途採用を分けずにいっせいに募集をかける企業も多く、30代でも採用のチャンスが十分にあります。

それ以外の職種では基本的にはこれまでのキャリアの継続を前提のうえで転職先を探していくことになります。収入アップやキャリアアップを目指しての転職ではLCCからANAやJALといった大手の航空会社への転職を目指すという手段もあります。より規模が大きく、知名度の高い企業の方がキャリアアップの選択肢として魅力的なのは当然でしょう。この際にも外資系の航空会社を選択肢に加えた上で選んでいくようにしましょう。

航空会社によってサービスの違いが出てくる点をしっかりと確認しておくことも30代転職の大事なポイントです。たとえばパイロットや客室乗務員の場合は国内線・国際線のどちらを担当することになるかです。これまで国内線を担当してきた方が国際線での活躍を目指して転職を目指すケースも考えられます。その場合には航空会社ごとの航路の違いなども見ておきましょう。近年ではアジア方面の航路が増えており、その分転職のチャンスが増えています。

そのほか、航空の受付業務や整備士、運行管理業務のスタッフなど航空業界ではさまざまな職種が活躍しています。こうした職業はパイロットや客室乗務員に比べて職業の実態や情報が入手しづらく、転職の際には情報収集が鍵となるでしょう。30代の転職では収入だけでなく就業環境もポイントとなるだけに、できるだけ詳しく確認したうえで判断することが大切です。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら