30代女性の30代転職なら

30代の女性が転職を行う場合は、20代とは違ってキャリアや経験、スキルなどが求められる傾向にあります。もちろん年齢不問・未経験可能としている職場もありますが、多くは30代という年齢を考慮して、企業にとって長く貢献できる人材かどうかが判断基準となります。

30歳未満であれば、未経験であってもやる気の度合いや人柄によって採用へと至る可能性が大きいのですが、女性の場合結婚をして子供を産み育てるというプロセスが企業にとってはネックとなっている場合もあり、30代となると既婚者かどうかをチェックされる場合もあります。

したがって、30代女性が転職を成功させる場合は女性を育て、活躍させたいと思う企業を優先的に選び出すことがポイントになります。給与や企業の規模にかかわらず、女性を優遇している会社も増えてきていますから、転職サイトなどを利用して「女性が活躍できる職場」をチェックすると良いでしょう。

また、男性が多い職場では必然的に男性が採用されがちです。そこへ女性が飛び込んでいこうと思う場合、チャレンジするにあたっての熱意や意気込みはもちろん、これまで培ってきたスキルをいかにして活かせるかをアピールしなければなりません。

男性が多くを占める職場というのは、女性にとって当たり前の配慮ができない環境である可能性もあります。そのような環境に挑む場合、「男性と同じように活躍できる」ことを率先して伝えるようにしましょう。

女性の場合、将来的に結婚や出産をして退職するのでは?と考えられがちであるため、どうしても20代よりも30代の転職のハードルが高くなってしまいます。実際に、30代で転職に成功できたけれど結婚を機にすぐ辞めさせられてしまったというケースも存在します。女性は転職時には必ず、「出産しても働ける企業かどうか」「育児をしながらでも働ける環境か」をチェックし、長く勤務できる職場を選ぶようにしましょう。

企業によっては、年齢はもちろん、体力面やメンタル面、スキルなどが男性と同等でなければ採用不可とされる場合もあり、面接時には応募者と企業側がしっかり話し合って、お互いの求める条件を一致させておくことが大切です。とにかく採用されるために動いた20代とは違って、30代は人生の貴重な転換期でもあります。転職エージェントを通すなどして事前に企業体質をよくリサーチし、納得したうえで応募、面接に臨まれることをおすすめします。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら