30代でベンチャー企業に転職するなら

30代でベンチャー企業に転職するケースが増えているといいます。しかも以前とは転職事情に変化が生じていると言われ、これから転職を目指す際にはこうした事情を踏まえたうえで求人探しや転職活動を行っていくことが重要になってきます。

30代のベンチャー企業への転職が増えた大きな理由として挙げられているのが、大企業からの転職の増加です。もともとベンチャー企業への転職はイメージや憧れから目指すケースが多く、中小企業で働いていた人材がキャリアを重ねていくなかでベンチャー企業を次のステップとして選ぶケースが多かったのです。言ってしまえば「大企業への転職は難しいけど、ベンチャー企業ならチャンスがある。うまくいけばキャリアアップや年収アップも期待できる」といった思惑が強かったわけです。しかし現在ではベンチャー企業よりも恵まれているはずの大企業の人材、それも伸び盛りの30代が転職するケースが増えているのです。

どうしてこのような状況が起こっているのかについてはベンチャー企業の転職動向はもちろん、大企業の状況とも深く関わっています。これまで長く日本経済を牽引してきた有名企業が厳しい経営状況に陥っているケースが増えており、大規模なリストラなど経営の建て直しを続けています。そうした中で大企業が必ずしも最良の選択肢とは言えないと判断する風潮が出てきているのです。一方ベンチャー企業についてはいい意味の成熟が進んでおり、ひと昔前のように選択肢がIT産業に偏っていたり、株価などの評価と実際の企業の体力の間にギャップが生じることで時間の経過とともに経営状況が悪化したりするといった問題点が少なくなってきました。そのため大企業よりもむしろベンチャー企業の方が将来性のある職場として評価される機会が増えてきているのです。

30代でベンチャー企業に転職する場合にはこうした現代の事情を踏まえておく必要があります。まず自分がどのような環境からどういった目的でベンチャー企業への転職を目指そうとしているのかをはっきりとしておきましょう。中小企業からの転職の場合、大手企業から流れてくる人材と競争するケースが増えてきます。それだけに自分の強みやキャリアを最大限にアピールできる業種・職種を厳選していくことが大前提となるでしょう。一方大企業、有名企業からベンチャー業に転職する場合にはやはり将来性が最大のポイントとなります。安定性やブランドイメージを捨ててベンチャー企業を目指す以上、それを補う将来の可能性が求められるからです。単に企業としての将来性だけでなく、事業の発展の中で自分がどういった役割を果たし、貢献できるのかを考慮して選んでいくことが必要です。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら