Uターンしての30代転職なら

30代で初めて転職を考えたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?特に「Uターン」と呼ばれる転職を視野に入れている方は、地方に行くと決めたらまず自分自身の希望はさておき、それぞれの地方に根差した求人情報をチェックし、地方特有の傾向を探るようにしましょう。

北国から南国まで、日本全国にはそれぞれの地域に根差した仕事事情があります。農業や漁業など第一次産業と呼ばれる職種をメインとしている地域もあれば、開発など技術力重視の産業が主力となっている地域までさまざまです。まずはそこでメインとなっている業務を把握することで、自分自身の転職も具体的に見つめることができるのではないでしょうか。

そもそも「Uターン」とは、地方から都市にやってきた人が、それまで育った故郷に戻って就職することを指します。つまり、一度都会へ出たが元居た故郷に帰ることです。Uターンを希望する人の多くは、心とライフスタイルの両方にゆとりを求める傾向が強いと言われています。

都会に比べると地方の方が競争が少ないため、快適にライフワークが送れるとイメージしがちですが、現実問題として地方での転職は意外にハードルが高く、職種によっては狭き門となる可能性もあります。前提として、地方の求人数は昔も今も少なく、賃金も安いことが特徴です。もちろん物価などは都会に比べて低く設定されていますが、それを差し引いても求人数の少なさが目立つため、転職をスムーズに進められない可能性もあります。

そのため、Uターン転職を始める場合はまず第一に地元のハローワークを活用し、職種によっては転職サイトや転職エージェントを活用するなどして、利用できるものはすべて利用すると確実です。人によっては地元の人脈を活かして情報を集めることもできるかもしれません。ネットだけに頼らず、自力で求職活動をする覚悟が必要です。

また、地方にUターンをする場合は年収が減るリスクも考慮しておきたいところです。転職先や業務内容によっては100万円単位での年収ダウンもあり得ますので、家族を養っている方はそうしたリスクも事前によく考慮し、地方に住むというメリットだけを考えないようにしたいものです。

地方では給与のランクダウンだけでなく、気候条件や利便性なども考えておきましょう。北国では冬場の燃料費がかさみますし、遠隔地では移動手段が公共交通機関ではなく自家用車になる可能性もあります。なんとなく田舎暮らしに憧れるくらいではUターンは上手くいきません。まずは、いかにして生活を安定させられるかどうかを考慮する必要があります。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら