30代の転職に関する悩み

30代といえば、20代から続けてきた仕事を辞め、さらなるステップアップやキャリア形成に向けた「転職」を考え始める年齢です。しかし多くの30代は中間管理職を任されていたり、第一線で動き回る「働き盛り」であるため、そう簡単に転職活動を始めるわけにもいかないのが現状です。

30代に特有の転職の悩みとしては、現在の会社ではやりたい事が達成できない、あるいは今以上に給与や待遇の良い会社へ移りたいなどお仕事に関する悩みが多く挙げられますが、結婚しお子さんをお持ちの家庭では育児や生活費、ローンなど金銭に関する悩みも多く聞かれます。とりわけ家族を養っている場合は転職活動を始めると家族に負担をかけやすいので、慎重に行動される方が少なくありません。

また、仕事が多忙で転職活動に時間を割けない悩みも多く聞かれます。以前から言われている事ですが、転職は今ある仕事を続けながら並行するのがベストと考えられています。なぜかというと、仕事を辞めて転職活動に取り掛かると、養っている家族に影響を与える可能性があったり、なかなか雇用先が決まらず焦りが募って、内定が出た所をよく考えずに選びやすいデメリットがあるからです。

30代以降の中途採用者は、企業側から見れば即戦力です。そのため、エンジニアなら技術力が物を言いますし、それ以外の職種であっても実務経験の蓄積は必要です。つまり、中途採用を目指しながらも日々スキルアップを心がける必要があります。

納得のいく転職をするためには、早く転職活動を終わらせようと思わないことが大切です。もちろん誰もがより良い仕事へステップアップしたいという願望を持っていますから、転職に関してはさまざまな悩みが生まれてくることでしょう。しかし今ある仕事をいきなり放り出すのも現実的ではありません。あくまで会社や自分の家族に迷惑にならない範囲で、無理なく転職活動に臨むように心掛けたいものです。

現職の給与や待遇が明らかに低い場合、転職をすることでさらに良い条件の元で仕事をすることができる可能性があります。しかし転職に大切なものはタイミングです。年齢や職種に関わらず、転職を始められるタイミングというのは必ず存在します。

逆に、タイミングを誤ってしまうと思わぬ職場に転職してしまったり、給与がそれほど期待できない仕事に就いてしまう可能性もあります。自分の目的を優先しすぎるのではなく、タイミングをよく見計らっての活動が大切ではないでしょうか。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら