妻子あり30代の転職なら

30代以上でお仕事をされている方の中には、配偶者やお子さんなど家族がいる方も少なくありません。妻子がある状態で今の仕事を辞め、新しい職場に転職を考えるとなると、それ相応のリスクを考えなければなりません。

自分一人で転職をするぶんには経済的にも負担が少なく、ある程度の期間は転職活動に没頭できます。しかし家族がいると、無職の期間が長ければ長いほど家族の衣食住の心配が出てきてしまいます。蓄えを切り崩しての生活にも限界がありますから、妻子ありの方が転職を行う場合は、現在のお仕事に就きながら、無理のないペースで求職活動を進めていく必要があります。

妻子持ちでの転職はリスクが大きいので避けるべきという意見もありますが、転職活動のもっとも盛んな年齢層は20代後半から30代にかけて。大学を卒業して新卒として入社し、3年〜10年程度勤めたあとで、次なる職場を探す方が多いという結果が出ています。つまり、30代での転職は何ら珍しいことではなく、妻子がいても問題はありません。

とはいえ、お子さんがいれば教育費がかかりますし、配偶者だけでも生活に必要なお金は単身者の二倍はかかります。転職活動が上手くいかず、長引けばそれだけ自分以外の家族がリスクを負うということも考慮に入れておきたいところ。

働きながら転職活動ができれば一番理想的なのですが、業務が多忙で上手くいかない場合もあるかもしれません。そのような方には、無料で登録できる転職支援サービスや専門の転職エージェントを活用するなどして、転職を円滑に進められるサービスを探されると良いでしょう。プロフィールや経歴などの必要項目を登録するだけでマッチングができたり、あるいはオファーが届くなどして企業側からスカウトがくるサービスもあります。

なかには、転職が上手くいったけれど年収が前職よりも下がってしまったケースもあります。家族がいる場合、できるだけ年収ダウンのリスクは避けたいところですが、将来的に長く続けられる職場であったり、モチベーションが維持できる環境であれば自分自身にとってはプラスのお仕事になります。

とはいえ、転職は基本的にキャリアアップや年収アップなどのメリットが得られなければ意味がありません。年収が下がると判断されたら、まずは家族の了解をきちんと得てから転職活動に臨むようにしましょう。転職した後のメリットや家族にかかるリスクなども総合的に考慮し、無理のない範囲で次のステップに移りましょう。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら