30代で多い転職理由

30代でよく見られる転職理由の筆頭は「よりやりがいのある職場を目指して」でしょう。ビジネスマンとしての経験をそれなりに重ね、一人前としての自信と自負を持つようになった段階でもっとやりがいのある仕事を、あるいは自分を高く評価してくれる職場を目指して転職を目指すわけです。非常に立派で採用担当者にも高く評価してもらえそうな理由のようですが、少々漠然としすぎているという難点があります。面接の際に単にこの理由だけを並べただけでは好印象を与えることはできないでしょう。自分にどのようなスキルと知識が備わっており、これからどう自分を伸ばしていきたいのかをできるだけ明確に説明できるようにしておくこと、そして応募先に採用されたらどういった役割を担いながら活躍していこうと考えているのかまで説明できる準備が大切です。とくに前の職場への不満から「もっと自分の力が発揮できる職場があるはず」と転職を決断した方は要注意です。

「キャリアアップを目指して」も30代で多い転職理由です。転職を機にワンランク上のキャリアを目指すためにその機会に恵まれそうな職場への転職を目指したというわけです。こちらも意欲を感じさせる理由ですが、やはり漠然としすぎています。キャリアアップを実現するためには能力・実績面双方の裏づけがそれなりに求められます。どうして前の職場ではキャリアアップが期待できないと思ったのか、なぜ応募先ではそれが実現できると思ったのか。自分のスキル・キャリアを踏まえた上でできるだけ具体的に説明できなければなりません。30代ともなると即戦力としての面も重要な評価材料となりますから、単に未来への希望や自分の将来性をアピールするだけではなく、今現在自分がどれだけ「使える」のか、それを土台に将来どれだけキャリアアップできる余地があるのかをしっかりアピールしておきましょう。

あとは「ゆとりのある就業環境・生活環境で働きたい」というのもよく見られます。30代の場合は家庭を持ち家族と過ごす時間を大切にしたい、子供と接する機会を増やしたいといったワークライフバランスを重視する意識が強くなります。それだけにこういった転職理由では単に楽したい、残業や休日出勤は避けたいといったマイナスイメージを与えないように気をつけましょう。また「融通が利かない」イメージをもたれてしまうのも要注意です。ゆとりがある分をスキルアップや自己研鑽のために役立てるといったプラスのイメージをうまく押し出すことようにしましょう。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら