資格無しでの30代転職なら

現在30代の方で、思い切って転職をしようと考えている方のなかには、「資格」について悩みを抱えている方が少なくないことでしょう。何につけても資格が重視される現代社会では、就職や転職についても資格がなければ書類審査にすら通過しないケースが多くみられます。

30代で転職を行う場合、実務経験や培ってきたスキルなど以外に資格を備えているかどうかも一つの採用基準になります。企業にとっては20代は新人でも30代からは即戦力として扱いたいという本音があるため、資格を持っていて、なおかつそれを活かしているかどうかを基準にしているのです。

そのため、30代の方が完全未経験の分野で仕事を探す際、その分野に関する資格を一つも持っていないとなると企業側には不安要素となります。IT系の分野で開発職を志しているけれど、開発に関わる資格を一つも持っていないと考えれば分かりやすいのではないでしょうか。

もしもこれから未経験の分野に転職を考えているならば、完全に資格のない状態は避けておいた方が無難です。20代の頃とは違って、30代からはいつでも第一線で働けることが前提となります。そのため、専門的な分野でなくても資格を一つや二つは取得しておいて損はないのです。

資格を持っていなくても、現場で実務経験を積めば不問としている職種も数多くあります。しかし昨今の転職市場では難易度の低い事務系の仕事にすらも応募者が殺到している状況で、その中から数名を採用するために資格の有り無しを基準としている企業が増えています。資格がなければ面接にすら行けないとなれば、やはり何も持っていないより何か持っている方が有利と言えます。

また、資格を持っているだけで年収や月収がプラスになる場合もあります。企業によっては、資格を取得しているかどうかで企業に貢献できる人材かどうかを判断する場合もあります。もしも募集要項や採用基準に資格の項目が記載されていれば、応募の前に取得しておくことをおすすめします。

誰しも、自分の転職が上手くいくかどうかという悩みを持っており、安心して転職活動を行える人というのは少数です。しかし、事前に必要資格を取得しておけば少なくとも自分の自信には繋がりますから、その自信をもって転職活動を行うこともでき、採用にも近づいていきます。もしも資格について分からないことがあれば、転職エージェントに相談するなどして、具体的なアドバイスを受けると良いでしょう。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら