上京しての30代転職なら

現在30歳もしくは30代で転職を考えており、なおかつ東京都を含めた首都圏で職を探す場合は、まずは生活を第一に考えてから求職活動を行いましょう。

就職活動はたった一回で終わるものではなく、何度もトライすることを考えたいところ。そのため、期間も長くて半年ぐらいは見たほうが良いと言われています。その間は無職となり収入も途絶えますから、東京に滞在する間の家賃や生活費などは余裕を持って蓄えておくと安心です。東京に身一つで出ていって、後は現地で稼げば良いという発想は危険です。

預金を切り崩して生活する場合も、思わぬ出費があるかもしれません。そのため、預金は多すぎるくらい蓄えておいて損はありませんし、上京してからすぐに転職活動に移れるように、転職サイトやエージェントを活用して、随時新しい情報を仕入れられるように心掛けたいところです。

せっかく地元を離れて都会を目指すのですから、「上京して仕事をする」だけでなく、「スキルを身につける」ことを目標とするのも一つの到達点になります。30歳というと企業にとっては即戦力であり、採用したらすぐに第一線で勤務することが求められますから、スキルを習得して転職を果たすことも良い方法です。英語やパソコンスキルなど実用的なスキルもありますし、コミュニケーション力やマネジメント力などそれぞれの業務に特化したスキルもあります。

地元で都会の求人を探して応募し、その後上京するという場合は、ハローワークなどを拠点としながらいくつかの転職サイトを使って仕事を探すことが一番効率的な方法です。一つの転職サイトだけを頼るのではなく、複数のサイトを併用することでより多くの情報が得られますから、これと思う求人にも当たりやすくなります。

都会は地方と違いさまざまな人が集まる場所です。それだけ求人数も多く、いつも多くの仕事が残っているイメージがありますが、最近では資格にプラスして人間性や実務経験など、企業ごとにチェックされる項目が増えてきています。そのため、年齢に関わらず採用される期待はありますが、柔軟な人材が求められているという側面もあります。

どちらにしても、都会に挑戦するということはそれだけ人生のチャンスを広げるということです。転職は35歳までが限界などという話もありますが、求人事情は日々多様化しており、年齢に関わらず誰にでもチャンスはあります。いずれにしても身一つで上京するのではなく、30代という年齢を考慮して、自分自身の生活を安定させることを優先的に考えるようにしたいものです。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら