30代男性の30代転職なら

30代男性の転職は、20代とは違って人生を大きく決定づける大切なポイントです。応募する側にとっても、また企業にとってもお互いにメリットとデメリットが存在し、採用に至るためには一筋縄ではいきません。30歳を超えているということで若さにも限界がありますから、やる気や意欲だけで突っ走ることはできません。それでは30代の転職には具体的に何が求められるのでしょうか。

採用に際して重視されるものは、今までに築いてきたキャリアや実績などです。特に30代男性は働き盛りであり、ビジネスマンとしてどれほど即戦力に近い人物かがチェックされています。20代であれば時間をかけて育てることもできましたが、30代はむしろ「ある程度育っている」ことが前提になっていますから、転職を希望する職種がどこであれ、今までの実務経験とそれに際して得たスキルや資格などは必ずチェックされます。

一般的なところで言えば、3年の実務経験は最低ラインと言われています。もちろん未経験者歓迎としている職場もありますが、多くは今までに何をしてきたかを考慮します。なかには1〜2年程度でいくつもの職場を転々としてきた方もいらっしゃいますが、実務経験が伴っている場合は2年程度でも採用されるケースもあります。

また、実務経験だけでなくそれにともなった実績があればさらに良いでしょう。特に営業職や開発職などでは、どのような実績をあげて来たかによって採用の判断が大きく分かれます。職務経歴書にもしっかりとアピールを記入し、貢献してきた内容について存分にアピールすることが大切です。

また、30代ではプロジェクトにおけるリーダーシップ能力や問題解決力なども求められる場合があります。どのような仕事であれ、納期を守って効率的に行動することは必須です。そこにリーダーシップ能力があれば、さらに多くの部下を導ける人材として採用される可能性が高くなります。

応募する職種によっては、資格や資格を活かした実務経験を重視している場合もあります。特に看護師や技術職などの専門職になると、資格はもちろんのこと、それを活かして仕事ができたかどうかが一つのポイントになっています。専門職の場合コミュニケーション力などよりも、その分野に特化した技術力があるかどうかがカギになりますので、書類選考時にふるいにかけられないためにも必要な資格や実務経験はしっかりと身に着けておくようにしたいものです。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら