30代で大企業に転職するなら

30代で大企業に転職するならこれまでのキャリアをいかにうまくアピールできるかが最大のポイントとなります。この年代で未経験の分野で大企業への転職が実現する可能性はゼロといってもよいですから、自分の実績と将来性の両方を高く評価してもらうための努力が必要です。

基本的には専門性と即戦力をアピールできる業種・職種への転職を目指すことになります。そのためこれまで働いてきたのと同じ業種・職種に的を絞って転職先を探していくのが前提です。この点は「大企業に就職できればなんでもいい」という新卒や20代半ばくらいまでとは状況が大きく異なります。

専門的なスキル・知識を備えていればその分大企業への転職のチャンスが広がるようにも思えますが、それ以上に重要なのは実務経験です。現代ビジネスではアウトソーシングの推進が行われており、いくら専門性の高い分野でも技術職はアピールするのが難しい時代になっているのです。ですから現場を束ねたり、管理した経験、ひとつのプロジェクトを責任者として成し遂げた実績といったプラスアルファのアピールポイントが必要なのです。IT関連ならWebディレクター、メディア・マスコミ関連ならプロデューサーやディレクター、製造業ならエンジニアなどが該当します。それから30代ではなかなか難しいですが、人材育成も含めたマネジメントの経験も転職の際に役立ちます。

実績に加えて資格の取得も検討しましょう。高度なスキルと知識を裏付けるための資格を取得していれば、これまでの実績の価値をさらに高めることが可能です。たとえばコンサルティングに携わってきた方なら中小企業診断士やファイナンシャルプランナーの仕事、経理に携わってきた方なら日商簿記1級などがあります。資格に関しては知名度はもちろん、時代のニーズに応えられるものかどうかも重要になってきますから、これから転職を機に取得を目指す場合にはどれを選ぶかも大事なポイントです。

後は人脈です。これまで仕事で培ってきた人脈やコネをいかにうまく活かすことができるかもポイントです。製造業やメディア関連といった業界では大手の下請けで業務を行う中小企業がたくさんあります。こうした職場で働いてきた場合には取引先の大企業へ転職を目指すという方法もありますし、人脈を利用して口利きをしてもらうといった手もあります。30代ともなると仕事の経験だけでなく、こうした方面の人脈や情報網を積み重ねていくことも転職を実現するうえでの大きな武器となるはずです。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら