未経験職種への30代転職なら

30代の方が未経験の求人に応募する場合、求人票にある「未経験OK」という言葉に限らず、細かい条件までチェックする必要があります。細かい条件というのは、年齢の上限であったり、必要なスキル、求める人材像や詳しい業務内容、さらには給与水準なども確認しておきましょう。

20代のうちは、未経験というと誰でも応募することができ、ある程度広く門戸が開かれていました。しかし30代となると、企業側にとっても主戦力の一人となる社員を採用しなければならないため、未経験とはいっても業務遂行に差しさわりのないスキルを持った人材が求められるのです。したがって、未経験OKという言葉の裏には、年齢によって差がつけられているということです。

30代の転職市場は他者との競争であると言われますが、実際には業界や業種によって採用基準は異なります。もちろん完全に未経験者でも採用される場合もありますし、契約社員から徐々にスキルをつけてステップアップさせてもらえる会社も増えてきています。前職の経験があれば、それを活かして最初から重要なポストにつけてもらえる可能性もありますし、採用された後の方向性は職種によって様々です。

また、30代以降の方の場合は未経験でも採用されやすい業種を選ぶことも一つの方法です。システムエンジニアなどの職業は未経験でも技術の吸収ができる人材なら採用可能としているところが多いですし、それ以外の業種についても、常時新しい人材を求めているところが多くあります。

特に最近では「人手不足」という言葉が顕著になってきていますが、サービス業などを中心に人手が慢性的に不足している業界もあります。そのような業種を狙って転職活動を行うというのも、一つの効率的な方法ではないでしょうか。

すでに「キャリアコンサルタント」などなりたい職業が決まっている方の転職については、まずは目的実現のための具体的なプランを立て、資格を取得して、目的を実現できる職種に絞って転職活動されることをおすすめします。

就職より資格取得が先である場合、まずは勉強をしなければなりませんから、今現在働いている職場との掛け持ちがきつく感じられる場合もあります。家庭を持っていたりすればなおさらスケジュール調整が難しくなります。そのため、思い切って今の職場を辞める、あるいは休暇を取るなどして、時間に余裕を持つようにしてから勉強や転職活動を行うようにすると、気持ちにも余裕が持てます。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら