即戦力としての30代転職なら

30代からの中途採用では、多くの企業が「即戦力として使えるか」ということを念頭に置いて採用を行っています。即戦力とはその名の通り、すぐにでも戦える人材のこと。営業なら営業知識やノウハウがある、開発ならすぐに開発に取り掛かれる技術力や知識を持っている人のことを指します。

30代以降転職を考える方のなかには、いつでも動けます!という気持ちを持って転職活動に臨んでいる方もいらっしゃると思います。実務経験があればあるほど、応募する企業にとっても魅力的な人材となることは確かです。

中途採用として転職に成功すると、新卒や経験の少ない20代でない限りは即戦力として活動することを求められます。そのため、面接時には「自分は戦力になる」ことをストレートに示すようにしましょう。過去に人間関係などが原因で転職を余儀なくされた場合は、企業にとっては戦力になり得ない可能性もあります。そこで、まずは立ち上がる力をアピールし、さらに企業にとって有効なスキルや実務経験を持っていることを伝えると良いでしょう。

また、入社後に職場にきちんと溶け込めるかも重要な要素です。コミュニケーションが必須の接客業やサービス業などは、多くの人を相手にする一方職場の人間関係も無視はできません。そうした職場への転職を考えているなら、まずはコミュニケーションのスキルを即戦力として打ち出す必要があります。営業職などは成果を出すことが先決ですので、一度成果を出せると認められればその後はスムーズになるケースが多いようです。そのため、面接からすでに業務は始まっていると考えると良いでしょう。

ほかにも開発職、専門職などさまざまなお仕事がありますが、それぞれの分野で求める人材はある程度限定されています。もちろん即戦力として求められるスキルも異なりますので、異業種に転職する場合などは特に事前の自己分析が不可欠です。面接で張り切って的外れなスキルをアピールしてしまわないように注意しましょう。

また、採用されたからといってすぐに特定の業務を任せられるわけではありません。即戦力とはいっても、自分が思い描く通りに動けるかどうかは確実ではなく、会社の方針に従って動く必要もあります。そのため、「やりたい事がやらせてもらえない」と入社後に後悔するケースも少なくありません。そのため採用後はどの職場であっても環境になじむことを優先し、戦力を前面に押し出しすぎない配慮が必要です。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら