30代で外資系企業に転職するなら

30代で外資系企業へ転職するならキャリアの継続が絶対条件になります。これまでまったく経験したことがない、これまでのキャリアと関わりがなく、スキルや知識が生かせない職場への転職はまず難しいと考えた方がよいでしょう。

外資系企業の特徴としてよく挙げられるのが「実力/成果主義」です。日本で現地法人を設立して事業展開をしている外資は本国などに比べればそれほど極端ではないものの、やはり国内企業に比べれば実力と結果が問われる職場環境です。それは中途採用においても同様で、実力と適性ありと判断されれば年齢や実務経験などをそれほど問われることなく採用されるチャンスがあります。その意味では30代での転職先としてよい環境といえるわけですが、その実力や適性をアピールできる要素がどれだけあるかが鍵となってきます。極端な話、いくら勤続年数が長くてもこれといった実績や能力の裏づけを提示できない場合には転職が難しくなりますし、逆に際立った実績やアピールポイントがあれば即採用、というケースも考えられます。だからこそ未経験の分野への転職が難しく、またキャリアの継続が大前提となるわけです。

もともと30代の転職では国内企業・外資系を問わず自己アピールのポイントをしっかりと用意しておくことが求められます。たとえば意欲や適性をアピールする場合でも自分の性格面や将来への展望ばかりを並べ立てるのではなく、客観的な内容で説得力を持たせることが外資系への転職では求められます。「この分野で積んできた経験を活かせると思います」といった趣旨でできるだけ具体的に説明できることが大事なわけです。

基本的にはこれまで従事してきた業種・職種の範囲内から転職先を選んでいくことになります。同業種・同職種の場合、とくに国内企業からの転職では外資系に入社することによって就業環境や将来のキャリア形成にどういった変化が生じるのかをよく確認しておきましょう。先述した実力/成果主義だけでなく、キャリアアップの方式や異動・転勤の状況、リストラの可能性など。求人情報に書かれた内容だけにとらわれず多角的に企業の情報を集めていくことが大事です。

一方、異業種・異職種からの中途採用を積極的に行っているケースも見られます。とくに営業や企画・マーケティング部門は斬新な発想や視点からのアイデアをもたらす人材を求める傾向が強く、異業種・異職種から採用されることが多いようです。あくまでこれまでのキャリアで身につけたスキル・知識が活かせる範囲に限定されますが、新天地での再スタートを希望している方は企業後との傾向など詳細な情報収集を行っておきたいところです。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら