30代で初めての転職するなら

新卒社員の3人に1人が3年以内に退職するといわれる現代社会、30代ではじめての転職はかなり恵まれた環境といってもよいでしょう。右も左もわからない状況での転職は不安、と感じるでしょうが、むしろこれまでのキャリアを武器に自信を持って転職活動に臨みましょう。

30代の転職のポイントは3つです。「これまでのキャリアをいかに高く評価してもらうか」「キャリアの継続が可能か」「ワークライフバランスがとれるか」です。とくに最初の2つは密接に関わっているだけに重要です。新卒から30代までずっと同じ職場でキャリアを積み重ねてきたとなると短くても8年、長ければ20年もの実務経験を積み重ねていることになります。これは立派な経歴ですから、それを転職活動で最大限に活かすことが求められるわけです。

基本的には即戦力の人材として「使える」ことをアピールするのが第一となります。これは単に「勤続○○年」といった目に見えるデータだけでなく、コミュニケーション能力、対応力、柔軟性といった目に見えない要素、さらにキャリアによって裏付けられた専門知識・スキルなども含まれます。こうした点を面接はもちろん、履歴書・職務経歴書でうまくアピールしていくわけです。どちらも初めての場合は勝手がよくわからず迷ってしまうことが多いだけに、そうした情報が掲載されているインターネット上のサイトやサービスを利用して準備を行っていくのが一番の早道でしょう。基本は簡潔にまとめることです。アピールしたいあまりに長々と経歴を書き連ねてしまうと、かえってマイナス評価になってしまう恐れがあります。

面接の際には過去の実績だけでなく将来のビジョンもうまくアピールすることも大事です。30代の転職では即戦力としての部分だけでなく将来性も考慮されます。将来自分がその職場でどう活躍したいのか、あるいは会社の発展にどう寄与できるのか。具体的な対策なども提案できれば言うことなしです。また今後のキャリアも踏まえてマネジメントに関する意識やリーダーシップなどもアピールできるよう心がけましょう。

一方、キャリアの継続といってもこれまでとまったく同じ業種・職種の企業でなければならないというわけではありません。近年ではベンチャー企業だけでなく外資系などでも異業種からの人材確保を進める動きが出てきています。これまでのキャリアを活かしつつ新しい分野にチャレンジできる業種・職種への転職を目指せるのは30代ならではでしょう。現在の自分の能力と将来性の両方を考慮しながら転職活動に臨みましょう。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら