異業種への30代転職なら

30代に入り、現在の職場を辞めて新しい業種にチャレンジしたいと考えている方もいることでしょう。転職は主に20代がするもので、30代以降は厳しいというイメージもあります。確かに転職自体は簡単ではなく、まして異業種となるとそれぞれの業界の業務内容や動向を知る必要があるため、ハードルは通常の転職に比べて高いかもしれません。とはいえ、人材の活性化と流動化は以前に比べてますます進んでいます。それにともなって、年齢制限や異業種への転職の門も徐々に開かれています。

異業種への転職は環境を変えることも意味します。したがって、今までの方法が通用せず、新しい知識をどんどん吸収していかなければなりません。40代、50代になってから仕事を変えるのも難しいところです。したがって、異なる業界への挑戦は、今後の人生を決定づける大きなチャンスともいえるのです。

■異業種へチャレンジする際の注意点

30代で異業種へ転職することは、そう簡単ではありません。自分自身の置かれている環境によっては、家庭の縛りや住宅ローンなど大きな買い物をした方、自宅や実家から通勤しなければならず、営業職に挑戦できないケースなど、転職にはさまざまな壁がつきものです。まずは30代という年齢だけにとらわれず、転職がスムーズにいくかどうかを客観的に考え、チャレンジしやすい転職活動を目指しましょう。

また、異業種への転職は過去の業務知識や経験がまったくない状態からのスタートであり、いかに自分の持つスキルを活かせるかが勝負ともなります。応募する業界への知識は欠かせませんし、自分自身が納得して憧れを持ってチャレンジすることも重要です。「なんとなく環境を変えたくて惰性で転職したが、実はまったく興味のない分野だった」という残念な結果にならないためにも、新卒者のような新鮮な気持ちをもって転職活動に臨む必要があります。

転職活動は入念な準備を持って行うべきものです。30代以降は「年収を上げたいから転職する」方がほとんどですが、給与水準だけでなく業界の規模や動向、先に挙げたように自分自身の興味の深さも重要です。また応募する企業がオリジナリティを持っているか、自分を受け入れてくれるかどうかを吟味するのも大切な作業です。

また、異業種に転職しても年収が逆に下がる場合があります。自分の経験が活かせる仕事であればやりがいには繋がりますが、給与が極端に下がる場合はリスクの一つとして考慮する必要があります。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら