ブランクありの30代転職なら

転職の際に大きなネックとなるのがブランクの存在です。とくに30代のブランクは大きなマイナス評価につながってしまう恐れがあります。即戦力としてのキャリアとスキルが求められる30代の転職活動でブランクがあると、どうしてもその分「空白期間が多く年齢に相応しいキャリアを築けていない」という評価に結びついてしまうからです。

ただ、こればかりはどうしようもない面もあるだけに、正直に伝えることが大前提です。隠して転職活動をした場合、もし発覚した際に致命的なマイナスイメージとなってしまいます。むしろ正直にブランクを明らかにすることによって、弁解の余地を作るほうが賢明な判断です。

履歴書・職務経歴書からブランクが見て取れた場合、面接官は必ずその理由を聞いてきます。その際に適切な受け答えができるかどうか、そこにブランクありの30代転職の成否がわかれるといっても過言ではないでしょう。理由を正直に伝えつつ、どうしてブランクができてしまったのかをできるだけうまく説明することが大事です。

絶対にやってはいけないのは長々と言い訳がましい説明をしてしまうことです。とくに前に働いていた職場の悪口や愚痴はご法度。辞めた職場とのトラブルなどが原因で望まないブランクが出来てしまった場合でも、弁解するのではなく事実関係を説明するに留めましょう。

それからあくまで冷静に振舞うことです。痛いところを突かれてしまうとどうしても狼狽してしまい、しどろもどろな対応に終始してしまいがちです。じつは面接担当官はあえて弱点を突いて反応を窺う、といった試みをすることもあります。営業職や販売職などコミュニケーション能力や対応力が求められる職種によく見られるもので、都合の悪い状況に陥った時にも冷静に受け答えができるかどうかを問うのです。ブランクのマイナス面を隠そう隠そうと意識すればするほど突かれた時に狼狽してしまいがちですから、この点でも正直に事実関係を伝えるよう心がけることが大事なのです。あらかじめ説明の内容を何通りか考えておくとよいでしょう。

そしてブランクの説明に加えてポジティブな要素を加えることです。ブランクのマイナスを補うようなアピールを心がけましょう。女性の場合は家庭生活や育児が一段落したのでこれから仕事に集中できることをアピールすると、プラス材料になるでしょうし、男性の場合はやる気や仕事への適応力はもちろん、所持している資格をアピールすることでブランクの埋め合わせをすることができるはずです。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら