30代の転職で年収アップ

20代のうちはあまり期待できなかった年収も、30代からはそれぞれの業績やスキルに応じて昇給や給与アップが行われ、自分の可能性について意識するようになるものです。しかし、給与というものはそう簡単に上がるわけではなく、転職市場においても年収アップは多くの人の課題となっています。

30代で転職を行い、給与アップにつなげるためには、第一に自分自身の能力、第二に応募する企業へのアピールです。能力というものは一度備われば簡単に失うことはなく、職場が変わっても活かすことができます。また能力に伴って専門知識が身についていたり、グローバルに活躍できるスキルがあれば、企業にとっては「逃すには惜しい人材」となります。

また、スキルがなくても実務経験が十分であれば、そちらを優先的に考慮してもらえる場合もあります。実務経験とは、それぞれの職場で働いた自分自身の歴史のようなもの。10年間ずっと営業の第一線で頑張ってきた、あるいは転職を何度か繰り返して異業種にチャレンジし、さまざまなスキルを身につけたという場合でもしっかり相手にアピールすることが大切です。

もちろん、転職をして年収が変わらないのでは意味がありません。採用されることだけにとどまらず、年収も上げてもらわなければ困ってしまいます。そこで、現職の年収を聞かれた際にはできるだけ素直な気持ちを伝えたいところです。

面接で給与の話ができればそれに越したことはありませんが、日本の多くの企業では給与の話を切りだすのはあまり好ましい態度ではありません。そこで、希望を伝える場合は転職エージェントを通して伝えてもらうか、自分で話をする場合も突然話し始めるのではなく、頃合いを見ながら思いを伝えるようにしましょう。

また、希望する月収や年収を伝える場合は、それに見合っただけの働きができることを伝えましょう。持ち前のスキルを発揮して、どれだけの貢献ができるかを伝えれば、異業種であっても年収アップできる可能性があります。開発スキルや営業スキル、あるいは語学力など、他の応募者とは違った強みがアピールできれば、年収アップの話も夢ではありません。

これから転職活動を始めようと考えている方は、自分自身の強みやスキルをよく考慮し、経験を活かしつつ上を目指していける職種を選択されることをおすすめします。ただお金のために転職するのではなく、自分の持つ良さを十二分に活かして、同時に経験値も上げて行けるような職場がもっとも理想的といえます。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら